投げ消す サット119

平成20年における火災出火件数は52,394件でした。

死者数は1,969人であり、65歳以上の高齢者と5歳以下の乳幼児が6割を占めています。

火災が発生した場合に最も被害が少なく、確実に消火するポイントは

「炎の勢いが小さい内に初期消火する」という事です。

しかし一般に普及している噴射型消火器は、

 

「パニック状態になってしまい操作を間違えた」

「重すぎて火元まで運べない」

「炎の熱で近づけず、満足な初期消火ができない」

など、特に高齢者や子供・身障者等「災害弱者」には扱いづらい物でした。

「投げ消すSAT(サット)119eco(エコ)」は、

それらの問題点を克服し災害弱者でも迅速な初期消火を可能にします。

 

 

 

 

 

■消火剤のはたらき

火元近くに投げられたアンプルから消火液が飛び散ります。

その際の水分蒸発作用によって燃焼物を冷やします。

また、消火剤から発生するアンモニアガスが燃焼連鎖反応を抑制します。

同時に、消火剤から発生する炭酸ガスが燃焼面への酸素を遮断します。

そのほかに燃焼物の発火点を上げて燃えにくくする成分も配合されており、
優れた再燃防止効果を発揮します。

このように投げ消すサット119エコは(可燃物を取り去る)以外の
すべての 項目に対応しており、高い消火能力を発揮します。

※人体に影響はありません。