IMPJ防災リーダー検定試験

 

1.IMPJ防災リーダー検定試験とは

大地震などの自然災害や、不測の事態に迅速・的確に対処できるよう、事前に準備しておく諸政策の知識を問う資格試験です。
IMPJ防災リーダー検定試験は、その知識レベルや取るべき行動に応じてIMPJ防災リーダー初級から上級までの各段階を設定していますが、級が上がる毎に、知識だけでなく取るべき行動や瞬時の判断能力、またグループを束ねた救助活動を行うための実務能力も必要とされるように設定しています。

IMPJ防災リーダー検定試験は、日常生活の中で起りうるあらゆるリスクを想定し、それらの対応ができる人材育成の目的も担っているため、不測の事態が発生した場合は自身の安全確保だけでなく、ご家族や所属するグループにおいてリーダーシップを発揮し役立てていただくことができる資格試験です。

※各資格試験の実施スケジュールについては、別紙ご確認ください。

 

 

 

2.IMPJキッズ防災リーダー検定試験とは

大地震などの自然災害や、不測の事態発生したとき、家族や頼りになる人と一緒にいるとは限りません。
子供たちが大災害が発生しても、自身の力で生き抜ける、その力を事前に身に着けることを目的とした
小学生を対象とするキッズ防災リーダー育成のための検定試験です。

IMPJキッズ防災リーダー検定試験は、別に実施している「いのちを守る@体験型キッズ防災サバイバル教室」二拍三日、実践コースへの参加とあわせて
その知識レベルや取るべき行動に応じて知識だけでなく取るべき行動や瞬時の判断能力、またグループを束ねた救助活動を行うための実行能力身に着けていけるよう設計しています。

IMPJキッズ防災リーダー検定試験、「いのちを守る@体験型キッズ防災サバイバル教室」の実施スケジュールについては、別紙ご確認ください。

 

 

3.IMPJ防災ドローン運用管理士 ≪実施計画中

本年度、開始を目指し計画中の「IMPJ防災ドローン運用管理士」は、災害発生時多くの期待が寄せられているドローンの
運用スペシャリストの養成を目指した資格試験です。

 

※詳細は、お問い合わせください。