防災講師派遣

大切な人、愛する人、を大災害から守るため
様々な形の防災セミナープログラムをご用意しています。
知識だけに偏らない
自身で考え、意思決定し、いのちを守る行動を
その瞬間、第一撃を生き抜く力を身につけます。
【受講対象者別の防災セミナープログラム】
①企業防災セミナー
②地域の自主防災組織、自治会様向け
③ファミリー、家族向け
④幼稚園、保育園、小さなお子様向け
⑤小学校、中学校、高等学区向け
⑥行政組織の責任者向け防災セミナー

一般社団法人いのちを守るatプロジェクトJAPAN

「大切な自身のいのちを守る」ための具体的な方法に関する意識と知識の啓発活動として,
危機管理・防災セミナー、イベントを全国で企画・実施及び防災講師派遣をしています。

防災講師派遣

近年多発している自然災害の被害から如何にして大切ないのちを守り、最後まであきらめず生き抜くのか!愛する人を守れるのか!

これをテーマとして、阪神淡路大震災の被災体験を通して、被災後、「生き抜くための」様々な視点、ストーリーをお伝えします。

受講者のみな様には聞くだけになってしまう防災講義とならない様に「いのちの体験教室®」「防災リスクサーベイゲーム®」などのプログラムを実践して頂く事で被災疑似体験を机上でして頂きます。生き抜く力を身に着けます。

いのちを守る防災CAMP

いのちを守る防災CAMPの「キャンプ」の意味は、訓練や陣地を指します。
「防災の拠点」となるように
名前を付けました。
2014年4月 いのちを守る防災プロジェクト実行委員会を組織し内閣府、地方自治体などの後援を受け全国の大型商業施設で実施しています。大災害に対し、いかに、大切な自身の「いのちを守り」そして、「何としても生きぬく」 次の日に、そして、次の日へといのちを繋いでいくか、その大切さと具体的な術を学ぶ場を創っています。皆さんの街にも「いのちを守る防災CAMP」を呼んでください。

IMPJ防災リーダー検定試験

大地震などの自然災害や、不測の事態に迅速・的確に対処できるよう、事前に準備しておく諸対策の知識を問う資格試験です。

IMPJ防災リーダー検定試験は、その知識レベルや取るべき行動に応じてIMPJ防災リーダー初級から上級までの各段階を設定しています。
級が上がる毎に、知識だけでなく取るべき行動や瞬時の判断能力、またグループを束ねた救助活動を行うための実務能力も必要とされるように設定しています。

セミナーと組み合わせて、受講終了時に受験頂く事も有効です。

目的は、いのちを守ること

災害は、繰り返される。 しかし、これは、歴史ではない。

img

言い方は、適切ではないかもしれませんが、私たちは、多くのかけがえのない「いのち」とひきかえに私たちの大事な「いのち」を守るすべを手に入れることができていると思います。
その意味で、私たちは、自らの「いのち」を守り、守った「いのち」で、愛するひと、大切な人の「いのち」を守らなければならない。
幸いにも私たちが元気な間に、大きな災害が起こらなかったとしても、 私たちの未来の子どもたち、孫たちの世代では、必ずそれは来てしまうでしょう。
私たちは、「いのち」の大切さに深く気づき、「いのち」を守るすべを学び、 これを次の世代に伝える義務があるとおもいます。

IMPJ代表理事 - 高貝 正芳

防災 IMPJニュース

大災害から、大切ないのちを守るための情報を発信していきます。

東日本大震災における学校避難所からの視点

写真 大船渡市提供

学校避難所の課題とは?

東日本大震災では、多くの学校施設が避難所として地域住民の生活の拠り所となりましたが、
その中で様々な課題が顕在化しました。

例えば、以下のようなものがあります。

  • 学校施設は本来教育施設として設計されているため、避難所としての使用に際して不具合や不便が生じた。

    例えば、トイレやシャワーの数が不足したり、プライバシーの確保が困難だったりした。
  • 避難所としての利用が長期化したことにより、授業再開後に長期にわたって教育活動と避難生活が共存する学校が多数発生した。これは、学校と住民の双方に負担が生じた。

    例えば、教室や体育館の利用時間の調整や、校庭を仮設住宅の建設用地に利用したことによる影響があった。
  • 避難所となった学校施設の収容人数が多く、避難者の健康や安全の確保が困難だった。

    えば、インフルエンザや感染症の発生や、津波浸水域にある学校施設の二次災害の
    リスクがあった。

「災害に強い学校施設の在り方について~津波対策及び避難所としての防災機能の強化~」

これらの課題を踏まえて、文部科学省では、報告書をまとめました。


この報告書では、津波災害が想定される地域における学校施設の在り方や、
地域の避難所となる学校施設の在り方について、
それぞれ基本的な考え方と具体的な計画・設計上の留意点を示しています。

この報告書の中で、特に重要なポイント

  • 津波災害が想定される地域における学校施設の在り方
    • 学校施設の立地や配置については、津波浸水域からの距離や高さ、避難経路の安全性などを考慮する。
    • 学校施設の構造や設備については、津波に対する耐力や浮力、浸水による損傷や機能喪失の防止などを考慮する。
    • 学校施設の防災教育や訓練については、津波の発生メカニズムや予測、避難方法や注意点などを学習する。

  • 地域の避難所となる学校施設の在り方
    • 学校施設の避難所としての機能については、避難者の収容能力や生活環境の確保、教育活動との共存などを考慮する。
    • 学校施設の避難所としての設備については、トイレやシャワー、給水や給電、通信や情報提供などを考慮する。
    • 学校施設の避難所としての管理については、避難者の健康や安全、プライバシーや人権、学校と住民の協働などを考慮する。

【関連情報】



避難所となる学校施設の在り方に関するQ&A

報道されなくなったとき、避難所はどうなるのか――陸前高田市(2)


講師派遣のお問い合わせ


一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN

tel:0287-74-5129
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org

公式LINEコール(無料)QRコードから!

とりあえず聞いてみようと思われた方。


お問い合わせは 公式LINEコールが便利です。
下記のQRコードをスキャンして、ご連絡ください。

AED見かけました。クロネコヤマトさんで!!

この間、宅急便をクロネコさんに出しに行きました。

真新しいALSOKのAEDが、設置されている


思わず、スマホで写真を撮ってきてしまいました。

クロネコヤマトさんにAEDが設置される背景は?

安全と救命の観点からの取り組みだと思います。

AED(自動体外式除細動器)は、心室細動などの心臓の異常リズムを感知し、電気ショックを与えて正常なリズムに戻す装置です。これにより、心臓発作や突然の心停止の緊急時に、迅速な対応が可能となりますね。。

以下は、クロネコヤマトがAEDを営業所に設置する理由の一部です。

  1. 救命対応の強化: AEDは心臓発作や心停止の緊急時に効果的な救命装置です。営業所にAEDを設置することで、従業員や近隣住民が安心して利用できる環境を整備しています。
  2. 地域への貢献: 営業所が地域社会に密接に関わっているため、AEDの設置は地域への貢献として位置づけられています。万が一の緊急事態に備えて、近隣住民に対するサービス向上の一環として設置されていることがあります。
  3. 法的要件と規制: 一部の地域では、公共施設や企業がAEDを設置することが法的に求められています。クロネコヤマトは、これらの法的要件に従い、社会的責任を果たすためにAEDを設置している可能性があります。

AEDの設置は、緊急時に迅速な対応を可能にし、命を救う重要な装置です。

クロネコヤマトさんが、
AEDを営業所に設置したことは、地域社会にとって有益な一歩と言えますね。

本当に感謝です。。


講師派遣のお問い合わせ


一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN

tel:0287-74-5129
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org

公式LINEコール(無料)QRコードから!

とりあえず聞いてみようと思われた方。


お問い合わせは 公式LINEコールが便利です。
下記のQRコードをスキャンして、ご連絡ください。

参加者募集 防災セミナー「いのちの体験教室®」 in 那須黒磯みるる

那須黒磯で、防災セミナー「いのちの体験教室®」開催!

詳細は、以下のチラシをご参照ください。 
ダウンロードもできます。  


テーマは、障害がある人の防災対策とは!?

定期開催していきたいと!

この開催場所のみるる、すごく素敵な図書館なんです。

この場所で、那須の防災を学ぶ場として、
毎月1回、継続開催していきたいと思います。

少しでも地域の防災にお役に立てればと願っています。


講師派遣のお問い合わせ


一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN

tel:0287-74-5129
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org

公式LINEコール(無料)QRコードから!

とりあえず聞いてみようと思われた方。


お問い合わせは 公式LINEコールが便利です。
下記のQRコードをスキャンして、ご連絡ください。