災害は、繰り返される。

しかし、これは、歴史ではない。

言い方は、適切ではないかもしれませんが、私たちは、多くのかけがえのない「いのち」と代償に私たちの大事な「いのち」を守るすべを手に入れることができていると思います。

その意味で、私たちは、自らの「いのち」を
守り、守った「いのち」で、愛するひと、大切な人の「いのち」を守らなければならない。

幸いにも私たちが元気な間に、大きな災害が起こらなかったとしても、私たちの未来の子どもたち、孫たちの世代では、

必ずそれは来てしまうでしょう。

私たちは、「いのち」の大切さに深く気づき、「いのち」を守るすべを学び、 これを次の世代に伝える義務があるとおもいます。

高貝 正芳

いのちを守る防災プロジェクト実行委員会委員長、一般社団法人 いのちを守る@プロジェクトJAPAN代表理事、公益財団法人文化教育研究会 評議員 公益社団法人危機管理協会専務理事(元)