• いのちを守る防災CAMP
  • いのちを守る防災アイテム そなエリア
  • いのちを守る防災アイテム kassy
  • 防災カンガルー講座
  • 防災Live
  • いのちを守る@キッズ防災サバイバル教室 in 千葉市少年自然の家
  • いのちを守る@キッズ防災サバイバル教室 in 千葉市少年自然の家
  • 防災クッキング in 防災CAMP
  • いのちを守る防災CAMP
  • いのちを守ること

WHAT News *・。*゜・。・o゜・。*゜*・。*゜・。・o゜

  • 東日本大震災における学校避難所からの視点
    学校避難所の課題とは?東日本大震災では、多くの学校施設が避難所として地域住民の生活の拠り所となりましたが、その中で様々な課題が顕在化しました。学校施設は本来教育施設として設計されているため、避難所としての使用に際して不具合や不便が生じた。 例えば、トイレやシャワーの数が不足したり、プライバシーの確保が困難だったりした。避難所としての利用が長期化したことにより、授業再開後に長期にわたって教育活動と避難生活が共存する学校が多数発生した。これは、学校と住民の双方に負担が生じた。例えば、教室や体育館の利用時間の調整や、校庭を仮設住宅の建設用地に利用したことによる影響があった。避難所となった学校施設の収容人数が多く、避難者の健康や安全の確保が困難だった。例えば、インフルエンザや感染症の発生や、津波浸水域にある学校施設の二次災害のリスクがあった。
  • AED見かけました。クロネコヤマトさんで!!
    クロネコヤマトの営業所にAEDがおかれた理由。➀救命対応の強化: AEDは心臓発作や心停止の緊急時に効果的な救命装置です。営業所にAEDを設置することで、従業員や近隣住民が安心して利用できる環境を整備しています。 ➁地域への貢献: 営業所が地域社会に密接に関わっているため、AEDの設置は地域への貢献として位置づけられています。万が一の緊急事態に備えて、近隣住民に対するサービス向上の一環として設置されていることがあります。 ③法的要件と規制: 一部の地域では、公共施設や企業がAEDを設置することが法的に求められています。クロネコヤマトは、これらの法的要件に従い、社会的責任を果たすためにAEDを設置している可能性があります。
  • 参加者募集 防災セミナー「いのちの体験教室®」 in 那須黒磯みるる
    那須黒磯で、防災セミナー「いのちの体験教室®」開催! 詳細は、以下のチラシをご参照ください。 ダウンロードもできます。   テーマは、障害がある人の防災対策とは!? 定期開催していきたいと! この開催場所のみるる、すごく
  • 大雪、関東地方を襲ってる!
    関東地方は昨日から大雪に見舞われていますが、今日の午前中には雪や雨が止む見込みです。 しかし、気温が低くなり、路面が凍結する恐れがあります。 明日の朝の行動については、以下の点に注意してください。
  • 防災セミナー 参加者の声
    ・何を備えあるかだけでなく、何に備えるかを考えることができたこと。リスクサーベイで、いくつかの選択に直面することがあるので、普段から考えなければならないと思った。・防災、命を守ることについて、具体的に教えてくださり、ありがとうございました。改めて、災害について、家族・知人・地域・学校等と話し合わなければいけないと思った。 ・時間があっという間だった。大変分かりやすく、良かった。
  • 防災セミナー生涯学習出前講座 那須塩原市に登録
    首都直下型地震をはじめ、いつどこで、起きてもおかしくない巨大地震 大惨事に対する準備は、出来ているのか?備える段階は、終わったのかもしれません?いま具体的にすべきことは何か? なにと戦わなければならないのか? 大切ないの
  • 防災セミナー「いのちの体験教室®」福岡住宅供給公社 実施させて頂きました。
    30年以内に0.3~6%の確率で​ 発生すると予測されている、​ 警固断層帯南東部 直下型地震​への対策の一環として、福岡県住宅供給公社様のお依頼で! 2024年11月16日に博多の福岡県住宅供給公社様の本社会議室 に行ってまいりました。 公社職員様30名のメンバーが、県内の各事業所から集っていただき 「いのちの体験教室® @ 博多City」にご参加いただきました。
  • 防災講演「いのちの体験教室®」in 座間市立相模中学校
    座間市立相模中学校 防災講演本日はお忙しい中、私たちのために貴重なお話をしてくださり有難うございました。今年の元旦に石川県で大きな地震があり、目を覆いたくなるような、ニュースで見ている中で命の大切さ、はかなさ、 そして、防災意識、対策の大切さを通過しているところだったので、 今回の公演がより心に響くものとなりました。「あの時を振り返る」東の本大震災の当時の写真を見せていただいた時に、私は助けてあげたいと心の底から思いました。ですが、実際に被災地に何かをしてあげるなんて大きなことは、中学生である私には現実的にできるものではありません。 それでも私は、今日の話を聞いて、「知識」、「体験」、「物資」 「3つのW」から役に立てることをして行きたいと答えを出しました。 つらいから忘れるのではなく、辛かったからこそ、その体験を未来に変えていく。これが私のできることだと考えました。今日、お話して頂いたことをしっかりと胸に刻み、より防災に対する意識を高め、一つの取りこぼすことのないように「いのちを守っていきたい」と思います。この度は本当にありがとうございました。
  • キッズ防災検定試験の練習問題! 挑戦してみよう。 IMPJ編
    キッズ防災検定試験の練習問題! 挑戦してみよう。 IMPJ編 MPJは、小学生向けにオンライン防災検定試験を実施しています。 是非、子供たちに受験して防災に対する学びを深めてほしいと思います。 実際にどのような問題が出題されているのか、練習問題を解いてみて下さい!

講師派遣のお問い合わせ


一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN

tel:0287-74-5129
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org

公式LINEコール(無料)QRコードから!

とりあえず聞いてみようと思われた方。


お問い合わせは 公式LINEコールが便利です。
下記のQRコードをスキャンして、ご連絡ください。