5月 2020アーカイブ

いのちを守る@防災会議

明日、2020年5月14日、新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づいた、
緊急事態宣言が、13の「特定警戒都道府県」のうち、茨城、岐阜、愛知、石川、福岡の5県と、特定警戒以外の34県について、解除される方向となった。

まだまだ、コロナウイルスとの戦いは終わってはいません。
そして、台風の季節も近づいています。
昨年の台風15号、19号の被害、一昨年の浜松の大停電、
遠い記憶になってしまっている方々も多いかもしれません。

でも、今年、これから、私たちを襲うかもしれない
コロナウイルスで大変な時だからこそ

今、大切な人、愛する人と近くにいる間に
家族が長い時間一緒にいられる時間に

その時、どのようにして
大切な自身の いのちを守り、みなで生き抜くのか
話し合うときにしていきたい。

物理的に離れているのであれば、
電話、メール、ネットミーティング、方法は、たくさんある。

これを「いのちを守る@防災会議」と言う!

緊急事態宣言の延長決定。松戸市では、

IMPJメンバーから5月8日に届いたメールをご本人のご了解を頂いて転載させていただきます。

お疲れ様です。
さっそく届きましたマスクを付けまして、予約していた検査に行ってまいりました。
発熱の4日目に最初の受診、6日目の今日、肺のCTと血液検査を行い、併せてPCR検査と、PCR検査は精度が悪いそうなので、あわせてもう一つ行いました。
結果については後日、保健所経由で連絡があるそうで、PCR検査の結果はまだ伺っていません。
会計も、後日精算でした。

発熱は予約であっても救急外来に回されまして、血液検査はER内で行ったのですが、そこは本当に戦場のような有様でした。

また、待合室で私の後にいた年配の男性は、同居の姉がコロナに感染し入院。自分も38℃を超える熱がでて、保健所に連絡せず自分で来たと、看護師さんに話されていました。
そのとき、多分この人はコロナだと強く思いました。

都内の感染者数が下がっていると報道がありますが、千葉県松戸市で言えば、保健所は完全に休みで電話もつながらず、当番クリニックに電話しても発熱は断られ、当番の病院にも断られました。

本来であれば、保健所が病院を紹介するらしいのですが、それができないので、当番クリニックに発熱外来出会いている市内の病院を教えてもらいました。

市の相談窓口も、すみませんと謝罪されるばかりでした。

私みたいにたらい回しにあい、連休明けになんとか検査できた方が大勢いらっしゃると思うので、来週あたり。また数字が伸びてくるのではないかと危惧しています。

ご心配をお掛け致しまして、すみません。

先生、IMPJの皆様、どうぞコロナには注意されて下さい。
本当に病院の発熱外来は、危ないです!

私はとにかく安静に努めます。

PCR検査ですが、やっぱり病院から連絡あること、病院に伺いました。
保健所と話した、病院もどうも混乱していたようです(>_<)

いのちを守る STAY HOME 週間

コロナウイルス感染拡大で、
私たちの生活様式が、大きく変わってしまいました。

まぎれもなく今回の感染のパンデミックは、私たちのいのちを脅かす
大災害です。

大地震、台風などの災害と大きく違うのは、その被害が襲う地域範囲と期間です。今回のコロナウイルス対策によって、私たちの生活様式が大きく変化すると思います。

20数年前に私自身が被災した、都市型大地震「阪神淡路大震災」が発生した際
それまで、高額の使用料の為、中々広まらなかった携帯電話が一気に
広まっていきました。

震災後、長期にわたって固定電話が復旧できず、また、会社のビルも押しつぶされ崩壊、会社事務所を再開できず、震災後、何とか手に入れた携帯電話を片手に被災地を飛び回り
それまで、事務所のない、それも、携帯電話から大切なお客様に電話することなど、それまでの商習慣からはありえないことが、被災したある意味、同士のお客様と当たり前の、そして、唯一のコミュニケーション方法となりました。

既にコロナウイルス感染の発生で、社会が、私たちの生活様式が、常識が
変化せざる負えない状況ですが、これを逆手に取り、
コロナウイルス感染が収束に向け知恵を絞り、希望をもって
進んでいきたいと思います。

その為に、先ずは、

自身の大切ないのちを守り
守ったいのちで、大切な人、愛する人、家族のいのちを守る
何があっても、生き抜くことが大事だと思います。