令和元年度 ガイドヘルパー派遣 友愛ホームサービス・権利擁護センター合同研修の実施報告

      

いのちを守る@防災Live
令和元年度 ガイドヘルパー派遣・
友愛ホームサービス・権利擁護センター合同研修

北区社会福祉協議会 視覚障がい者ガイドヘルパー派遣事業の一環として、
ガイドヘルパー向けの実践的な防災セミナーを実施して参りました。

【実施の概要】

実施日時 : 12月19日(木)午後3時 30分~ 午後5時
実施場所 : 岸町ふれあい館 第2集会室(2階)
参加費 : 無料 / 定員 25名(先着順)

【実施の内容】

90分メイン講師 高貝正芳
プログラムディレクター 柏原由興 

🔘いのちを守る@防災3ポイントレッスン 「ガイドヘルパーと防災」
🔘防災リスクサーベイ ミニ (防災シミュレーションゲーム)
🔘防災クッキング (ホットンパック編)  

ガイドヘルパー、障害者支援業務従事者向け
防災セミナー実施のお問い合わせ 

お気軽にお問い合わせください。 
電話  0120-508-114   e-mail : info@imp-japan.org

 (一社)いのちを守る@プロジェクトJAPAN
北区地域づくり応援団事業係     

防災CAMPinブリザーディウム苗場プリンスホテル

年末年始特別実施
2019年12月31日~2020年1月2日

苗場プリンスホテルの年越しイベントとのこらばレーション
苗場遊び場!! ~Naeba AsoVIVA!!~
防災アイテムの展示&販売!!


ワークショップ・コーナー
ホットンパック(非常時調理用加熱セット)を使った
防災クッキングの実施! 

IMPJ公認防災フォーマー

協賛企業 株式会社トイコー

歯科情報誌 アポロニア21 2019年11月号 掲載

災害時に「いのちを守る」術を多くの人に伝えたい!

高貝代表のインタビューが 歯科医院経営・総合情報誌「アポロニア21」
掲載されました。

【 掲載の内容 】

◉「3つのW」とは「What」「When」「Where」
◉「いのちを守る行動」とは
◉トップの判断が生死を左右する
◉正確な防災知識を広めたい

★講演、寄稿等ご依頼・ご相談へのお問合せ先
※医療施設向けの防災訓練・BCP策定へのご相談も承ります。

〒114-0012 東京都北区田端新町1-20-11-1001
一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
e-mail : info@imp-japan.org
Tel : 0120-508-114

知っておきたい防災知識~いのちを守る@防災クッキングin大石公民館 実施報告

いつおこるかわからない災害に対して
「自分のいのちは自分で守る」


「大切な人・愛する人」を災害から守るための知識、
また日頃からの備え
“自宅にある食材を活用して、

ローリングストック”を「非常食」として活用する大切さを学びました!

「知っておきたい防災知識~
いのちを守る@防災クッキングin大石公民館」
実施して参りました。  

ホットンパックを活用した、発災直後のたべるを学びました。
各自、支度から食材を持参して、自分で温め、自分たちで試食しました。

講師: 高貝正芳 
IMPJ (一社)いのちを守る@プロジェクトJAPAN 代表理事
日時: 9月9日(月)13:30~15:30 (全1回)
対象: 上尾市内に在住・在勤・在学
定員: 50人(8月1日から先着順)
場所: 上尾市小泉9-28-1
主催:  上尾市教育委員会教育総務部
    大石公民館へ、8月23日(金)

★公民館向等 防災セミナー実施依頼のお問合せ先

〒114-0012 東京都北区田端新町1-20-11-1001
一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
e-mail : info@imp-japan.org
Tel : 0120-508-114



   

IMPJ危機管理スペシャリスト養成・資格取得コース 

■実施の目的

いのちを守る行動をとる!
台風19号の記録的な被害発生に
警鐘を鳴らす報道が引っ切り無しに発せられている。
「いのちを守る行動をとってください。」と、「一刻も早く」と、

では、具体的にどのような行動が「いのちを守る行動」と言えるのか? 
それぞれの置かれる状況で違ってくるのは当然。
この問いへの答えは、確かに難しい

しかし、いのちの危機が迫っている時、それでは困るのです。
その瞬間、自身の大切ないのちを守るのは自分自身です。
また、大切な人、愛する人のいのちを守るのは、私自身です。

具体的ないのちを守る術を、考え方を、伝え方を学びます。
指導者、指揮者を育成します。

■実施内容

■実施概要

日程 :2019年12月7日(土)~8日(日)
時間 :1日目 13時集合、 2日目 12時30分解散
定員 :12名 ※最少催行人数に達しない場合は中止となります。
実施場所:ぼうさい村キャンプ場ピラミッドの森 那須塩原

参加費用:12万円(税別) ※宿泊費、食費、教材費を含みます。
尚、交通費は、含みません。

ぼうさいこくたい2019@NAGOYA

本年度、いのちを守るatプロジェクトJAPANは、「ぼうさいこくたい@NAGOYA」に出演いたします。 

ぼうさいこくたい2019@NAGOYA


ステージプログラムとして、「いのちを守る@防災劇場」を上演いたします。

防災劇場

「ぼうさいこくたい」とは、

大規模災害に備える
– まなぶ・つながる・つよくなる - 防災を、もっと日常に

近年、災害が激甚化する中、行政による「公助」はもとより、国民一人一人が自ら取り組む「自助」、そして、地域、企業、学校、ボランティアなど互いに助け合う「共助」を組み合わせ、地域全体で防災意識を高め、あらゆる自然災害に備える「防災意識社会」を構築していくことが大切です。

このため、防災に関連する全国規模の団体ネットワークを活用し、幅広い層に防災意識の向上を呼びかけることを目的として、安倍総理大臣のリーダーシップにより、「防災推進国民会議」が2015年9月に設立されました。これは、自助・共助の重要性が国際的な共通認識とされた2015年3月の「第3回国連防災世界会議」で採択された「仙台防災枠組2015-2030」をもとに、市民社会、企業、ボランティア、コミュニティ団体、学術界等、各ステークホルダーに災害リスク削減に関する取り組みを奨励することが規定されたことにも応えるものです。

内閣府、防災推進協議会、防災推進国民会議が主催する「ぼうさいこくたい(防災推進国民大会)」は、国内最大級の総合防災イベントです。

2016年より毎年実施し、第4回目となる今年は名古屋市で開催します。
名古屋市は、南海トラフ地震の発生が予測される地域であること、大規模災害発生時においても中部圏の社会・経済活動が維持されるための産官学を超えた共助の枠組を持っていること、2019年は災害対策基本法策定のきっかけとなった伊勢湾台風から60年であることより、「防災推進国民大会2019」の開催地となりました。               

ぼうさいこくたいホームページより

プラットホーム桐ヶ丘 防災セミナー 北区地域づくり応援団事業

2019年6月29日、東京都北区のプラットホーム桐ヶ丘で、地域の方々を対象に防災セミナー「いのちを守る@防災Live 入門編」を実施してきた。
時折、強く雨が降る悪天候にもかかわらず、50人近い参加者の皆さん。
中には私、高貝正芳が講師を勤めさせていただいたセミナーに3回目のご参加と言われるか方もいらした。  感謝  

プラットホーム桐ヶ丘
高貝講師
プラットホーム桐ヶ丘
発災直後の食べるを学ぶ
プラットホーム桐ヶ丘
プラットホーム桐ヶ丘
大災害が来ても生き抜くぞ!

このセミナーは、東京都北区の「北区地域づくり応援団事業」の助成を頂いて、私達 IMPJが実施しているものだ。  
今回は、デイサービス施設のプラットホーム桐ヶ丘様からのご応募があり盛況な会となった。 

【実施の内容】
90分メイン講師 高貝正芳
プログラムディレクター 柏原由興 

🔘いのちを守る@防災3ポイントレッスン
🔘あの時を振り返る(ビデオ視聴)
🔘防災クッキング (ホットンパック編)  

★福祉施設防災、地域防災向けセミナー実施のお問い合わせ 
東京都北区の場合は、助成対象になる場合があります。
他の地域での実施についてもご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください。 
電話  0120-508-114   e-mail : info@imp-japan.org

 (一社)いのちを守る@プロジェクトJAPAN
北区地域づくり応援団事業係     

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
代表理事 高貝 正芳

非常用小型発電機 LPガス&ガソリンのハイブリッド エレオ【IMPJ紹介】

被災経験を活かした“ものづくり”

家庭用・単相出力  Sシリーズ EL-5500S

【開発の背景】

東日本大震災の発生の際、ガソリンなどの燃料は入手困難になりましたが、
各家庭に設置された、LPガスは比較的被害が少なく使用可能なものが沢山ありました。

しかし、LPガスを燃料とする発電機は非常に少なく十分な電力を確保することができませんでした。

この教訓を生かし、LPガスとガソリンの両方が燃料として使用できるハイブリッド非常用小型発電機「ELEON」を開発しました。

【推奨のポイント】

LPガスで発電可能なこの非常発電機を発災時に使用するとしたとき、
その燃料となるLPガスの有無が心配となる。
全国の都市ガスとLPガスの使用状況を見たとき、現状、都市ガスの普及率が高い都市部にあってもLPガスが使用されている。
このため、大地震が起点となってガス配管の損傷により長期的に復旧が望めない中で、被災地内で調達可能なプロパンによる発電が可能となる。
また、ボンベに収められたガスを使うという点も被災地で使用することを考えるとガソリン、灯油などを使用することに比べ安全性が高いと言える。

【 関連情報 】


経済産業省資源エネルギー庁の平成18年のプロパンガス消費実態調査によれば、プロパンガスの世帯消費量が都道府県で違うことが分かる。
都道府県別に比較してみると、プロパンガスの消費量のランキングは、
1位が埼玉、2位が神奈川・大阪、3位が千葉、4位が奈良、5位が静岡であった。 都市ガスの普及は人口の割合が多い東京や大阪、京都が100%と上位だが、
都市ガスが普及しているのにもかかわらずプロパンガスの消費が高い都道府県でもあります。

【製品情報】

IMPJ紹介】製品名称
家庭用・単相出力  Sシリーズ 製品名称 及び 業務用・三相出力 シリーズ

製造販売元
〒104-0033 東京都中央区新川1-16-8 EKSビル3F
株式会社エレオ
tel.03-5542-0861 fax.03-5542-0871
ホームページ  https://www.eleon.co.jp/

平成31年度北区地域づくり応援団事業の助成事業 

募集 防災セミナー・ワークショップ実施団体! 
講師費用、ワークショップ消耗品のご負担無し!!

「いのちを守る@防災Live in Kitaku」

この事業は、東京都北区の「北区地域づくり応援事業」の助成を受けています。
ご負担は、5,000円(税込)/ 団体 となります。
実施対象は、北区の地域の団体様となります。
詳細は、お問い合わせください。  御問合せ先 080-508-114

発災直後の“食べる事”をテーマにした防災講義とワークショップを実施します。 
“ミニ防災体験”を通じ、いつ来てもおかしくない大規模災害発生時に
自分のいのちを守り、守ったいのちで大切な人、愛する人を守る方法について学ぶことができます。

防災キャンプ

<こんな事にお悩みでしたら!>
・防災セミナーの実施を考えているけれど楽しく参加型のセミナーにしたい。
・講師費用や会場費、それに、ワークショップの消耗品の費用が十分にない。
・北区の事情に合った役に立つ防災セミナーを実施したい。
・本当に「いのち」を守れるようなセミナーにしたい。
・子育て世代も親子で参加したい。

<ご用意頂く情報>

この事業は、東京都北区の「地域づくり応援事業」の助成を受けています。 
実施をご希望の方は、下記の内容をお知らせください。

①団体(任意団体可) ②開催希望日時 ③対象者

④人数(30人~50人) ⑤会場(場所)など

※実施対象は、東京都北区内となります。
※商業目的の開催は、対象外となります。
※担当講師は、日程や実施条件に合わせて決定させていただきます。
※駐車場の確保をお願い申しげます。(有料駐車場の場合助成対象)
※会場、講師の控室の確保をお願い申しげます。( 有料の場合助成対象 )

*・。*゜・。・o゜・。*゜*・。*゜・。・o゜・。*゜*・。*゜・。・o゜・。

============================================

<お問い合わせ先>

【団体名称】
一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
北区地域づくり応援事業 係 

【住所】
〒114-0012  
東京都北区田端新町1-20-11-1001 
〒325-0103
栃木県那須塩原市青木27-231 四季の街

 お問合せは、
お問合フォーム」、「
メール」、「
お電話」にてご気軽にご相談ください。

「都市直下型地震発生時に備えた研修会」4月22日(月) 

ライオンズクラブ国際協会 330-A
キャビネット地区 緊急災害対策委員会 主催

講師としてお招きいただきました。
180分、3時間の体験型防災セミナー「いのちを守る@防災Live」を実施。

受講者のみな様には聞くだけになってしまう防災講義とならない様に
被災疑似体験を机上でしていただきます。
名付けて、「防災リスク・サーベイゲーム」です。
大災害発生時に大切ないのちを守るために
どの様な行動がとれるのか!


セミナーの最後には受講者の皆様全員で、「大災害が来ても、生き抜くぞー!」