いのちを守る@防災Live with Zoom

東京都北区

お知らせ

「いのちを守る@防災Live」の実施方式を変更させていただきました。

令和3年1月7日、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が行われた為、
残念ですが、ご参加のみな様とスタッフのいのちを守るため、
リスクを最小限にするために対面式のセミナー実施を断念致しました。

尚、対面方式に変わり、Zoomを活用したオンライン・セミナーを
開催させていただくことといたしました。

ご参加申込について


既に対面式セミナーに参加申し込みをして頂いていらっしゃる皆様をはじめ
オンラインであれば、参加をしたいとご希望される方は、
お手数ですが、下記より弊社LINE公式アカウントに友だち登録いただき
続いて、LINE公式アカウント宛に
セミナー参加の申し込みをいただければと存じます。

お手数をおかけいたしますが、是非、お一人でも多くの
ご参加をお待ちしております。

尚、本事業は東京都北区の助成事業、「北区地域づくり応援事業
として助成をいただいております。

オンラインセミナーご参加後に、本来、対面式セミナーで
配布、ワークショップで使用予定でありました
防災アイテム(アルファー米、ホットンパックなど)を
ご自宅に郵送させていただきます。


お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

友だち追加

上演中止決定 1月16日 いのちを守る防災エンタワークショップ 

令和3年1月7日、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が行われた為、
前年ですが、上演中止を決定いたしました。
尚、上演予定のそなエリア東京は、現在閉館しており
当初1月13日に再開する予定でしたが、
緊急事態宣言の発令解除まで閉館が続くこととなりました。


いのちを守る@防災CAMP in そなエリア東京


上演中止決定 2021年1月16日(土)

次回、実施予定 2021年2月20日(土)


★ いのちを守る防災CAMP  防災エンタワークショップ


【概要】

大災害発生時、自分

のいのちを守るために必要な行動や備えについて、

  マジックで楽しみながら学びます。
是非、ご覧ください。



【日時】1月16日(土)
【開催時間】11:15~、13:15~、15:15~
【所要時間】20分~30分程度
【場所】そなエリア東京1Fエントランス
【参加費】無料
【定員】各回15名(当日先着順)
【主催】一般社団法人いのちを守る@プロジェクトJAPAN


お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
http://cma-atmama.org

地域、商店街での開催ご希望の際も上記迄お気軽にお問合せ下さい。

「いのちを守る@防災Live」in 高円寺

昨年度(2020年3月)に実施予定だった。
防災セミナー「いのちを守る@防災Live」in 高円寺がコロナ禍のために中止となりました。

今年、まだまだ、コロナとの闘いは終わっていませんが、
同内容で、高円寺地域区民センター協議会様のご依頼により
下記実施が決まりました。

【実施概要】

主催: 高円寺地域区民センター協議会  ※長寿応援対象事業

プログラム名称: 「いのちを守る@防災Live」

内容: 脳内訓練 「防災リスク・サーベイゲーム」
    見えないリスクに気付けるようになる
    体験を通じてバディーと話し合います。

講師: 高貝 正芳(たかがい まさよし)

     一般社団法人いのちを守る@プロジェクトJAPAN代表理事
実施場所: セシオン杉並 視聴覚室
日時: 3年3月9日(火) 午後2時~午後3時30分
申込期日: 2月25日(木)  必着  30名   (抽選)
申込先: 高円寺地域区民センター協議
Tel: 03-3317-6614


お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
http://cma-atmama.org

友だち追加

LINE公式アカウント開設しました!

LINE公式アカウントを開設いたしました。

公式アカウントに是非、友達登録をお願いします。
こちらからは、防災情報、防災セミナー、防災イベントの情報発信をして参ります。

また、防災セミナー、防災イベント開催のご依頼についてもお気軽にお問合せ下さい。

「いのちを守る@防災CAMP」LINE公式アカウントは、こちらをスキャニングしてください!


お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
http://cma-atmama.org

地域、商店街での開催ご希望の際も上記迄お気軽にお問合せ下さい。

いのちを守る@防災エンタワークショップ 2月20日 実施決定

BOSAICAMP

いのちを守る@防災CAMP in そなエリア東京
開催予定  2021年2月20日(土)

2020年2月15日(土)そなエリア東京での上演以来、
コロナ禍のため 4月、5月、6月、10月と定期上演を中止してきた。

年が改まる、1月16日(土)の上演再開に引き続き、
感染予防に厳重配慮しつつ、内容を変更して!
「いのちを守る@防災エンタワークショップ」
を2月20日(土)に実施します。


★ いのちを守る防災CAMP
       防災エンタワークショップ


【概要】大災害発生時、自分のいのちを守るために必要な行動や備えについて、

  マジックで楽しみながら学びます。
                ぜひ、ご覧ください。



【日時】2月20日(土)
【開催時間】11:15~、13:15~、15:15~
【所要時間】20分~30分程度
【場所】そなエリア東京1Fエントランス
【参加費】無料
【定員】各回15名(当日先着順)
【主催】一般社団法人いのちを守る@プロジェクトJAPAN



お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
http://cma-atmama.org

地域、商店街での開催ご希望の際も上記迄お気軽にお問合せ下さい。



いのちを守る防災エンタワークショップ 1月16日 実施決定

BOSAICAMP

  

いのちを守る@防災CAMP in そなエリア東京
開催予定  2021年1月16日(土)

2020年2月15日(土)そなエリア東京での上演以来、
コロナ禍のため 4月、5月、6月、10月と定期上演を中止してきた。

年が改まる、1月16日(土)感染予防に厳重配慮しつつ、
内容を変更しつつ、「いのちを守る@防災エンタワークショップ」

を実施することにしました。


★ いのちを守る防災CAMP
       防災エンタワークショップ


【概要】大災害発生時、自分のいのちを守るために必要な行動や備えについて、

  マジックで楽しみながら学びます。
                ぜひ、ご覧ください。



【日時】1月16日(土)
【開催時間】11:15~、13:15~、15:15~
【所要時間】20分~30分程度
【場所】そなエリア東京1Fエントランス
【参加費】無料
【定員】各回15名(当日先着順)
【主催】一般社団法人いのちを守る@プロジェクトJAPAN


お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
http://cma-atmama.org

地域、商店街での開催ご希望の際も上記迄お気軽にお問合せ下さい。



飛沫防止シートに要注意 ウイルスの付着!

新型コロナウイルスの感染拡大の危機が叫ばれてから
飛沫防止シートの取り付けが全国各地、様々な場所で実施された。

当初、専用の「飛沫防止シートセット」などの製品は、販売されていなかった。
身近にある、ごみ袋、テーブルクロス、防水シートなどで急場をしのいだ。

既に10か月以上、この異常事態は続いている。
飛沫防止シートの設置、運用に当たって注意しておきたいことがある。

★総務省のホームページに以下のような資料が掲載されている。

火炎に注意

飛沫防止シートには様々な材質の物が使われていると思う。
これらのフィルムの材質によって、燃えやすいもの、
火に近づけると溶けるが一気には燃えないが、
やはり延焼、やけどに注意が必要なものが多い。

飛沫防止シートは汚い!

長く設置している「飛沫防止シート」「飛沫防止ボード」の表面は、
ある意味とっても危険である。

そもそも飛沫の飛散を防止するためのシールドなのだから、
この表面には、たくさんの飛沫(ウイルス、細菌を含むだろう。。)が、
いっぱい付着しているので!!
場合によっては、減るどころか、増えているかもしれない。

飲食店さんや、コンビニさんなできっちりと飛沫防止対策を
施していただいている状況を見るにつけ安心。
しかし、一方で、
これらの表面の洗浄、消毒は、どのくらいのペースで
実施されているのだろうと、、
或いは、吊るしたままなのだろうか?
と心配になる。

せっかく防護したのに、不用意にシートの表面に触れるのは
避けたいと思う。

シートを設置するのは、いのちを守るための手段であり、
設置をすることが目的ではない。
目的は、いのちを守ること!!

長らく続くコロナ禍、慣れてきてはいないかな、
急場しのぎで実施した、対策がおざなりになっていないかな!

と、一度、周囲を振り返り
いのちを守るための、具体的な手段の点検をしていきたい。
対策してるアリバイにならぬように


連絡先
一般社団法人いのちを守るatプロジェクトJAPAN
Tel : 0120-508-114 Mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
http://cma-atmama.org

#飛沫防止シート
#いのちを守る@3つのパッケージ
#非常用持ち出し袋
#いのちを守る防災アイテム
#子育てママの@体験型防災セミナー
#いのちを守る行動
#公益社団法人危機管理協会 専務理事 高貝正芳

いのちを守る@防災会議

家族防災会議

明日、2020年5月14日、新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づいた、
緊急事態宣言が、13の「特定警戒都道府県」のうち、茨城、岐阜、愛知、石川、福岡の5県と、特定警戒以外の34県について、解除される方向となった。

まだまだ、コロナウイルスとの戦いは終わってはいません。
そして、台風の季節も近づいています。
昨年の台風15号、19号の被害、一昨年の浜松の大停電、
遠い記憶になってしまっている方々も多いかもしれません。

でも、今年、これから、私たちを襲うかもしれない
コロナウイルスで大変な時だからこそ

今、大切な人、愛する人と近くにいる間に
家族が長い時間一緒にいられる時間に

その時、どのようにして
大切な自身の いのちを守り、みなで生き抜くのか
話し合うときにしていきたい。

物理的に離れているのであれば、
電話、メール、ネットミーティング、方法は、たくさんある。

これを「いのちを守る@防災会議」と言う!

緊急事態宣言の延長決定。松戸市では、

IMPJメンバーから5月8日に届いたメールをご本人のご了解を頂いて転載させていただきます。

お疲れ様です。
さっそく届きましたマスクを付けまして、予約していた検査に行ってまいりました。
発熱の4日目に最初の受診、6日目の今日、肺のCTと血液検査を行い、併せてPCR検査と、PCR検査は精度が悪いそうなので、あわせてもう一つ行いました。
結果については後日、保健所経由で連絡があるそうで、PCR検査の結果はまだ伺っていません。
会計も、後日精算でした。

発熱は予約であっても救急外来に回されまして、血液検査はER内で行ったのですが、そこは本当に戦場のような有様でした。

また、待合室で私の後にいた年配の男性は、同居の姉がコロナに感染し入院。自分も38℃を超える熱がでて、保健所に連絡せず自分で来たと、看護師さんに話されていました。
そのとき、多分この人はコロナだと強く思いました。

都内の感染者数が下がっていると報道がありますが、千葉県松戸市で言えば、保健所は完全に休みで電話もつながらず、当番クリニックに電話しても発熱は断られ、当番の病院にも断られました。

本来であれば、保健所が病院を紹介するらしいのですが、それができないので、当番クリニックに発熱外来出会いている市内の病院を教えてもらいました。

市の相談窓口も、すみませんと謝罪されるばかりでした。

私みたいにたらい回しにあい、連休明けになんとか検査できた方が大勢いらっしゃると思うので、来週あたり。また数字が伸びてくるのではないかと危惧しています。

ご心配をお掛け致しまして、すみません。

先生、IMPJの皆様、どうぞコロナには注意されて下さい。
本当に病院の発熱外来は、危ないです!

私はとにかく安静に努めます。

PCR検査ですが、やっぱり病院から連絡あること、病院に伺いました。
保健所と話した、病院もどうも混乱していたようです(>_<)