最新ニュース

Sea summo mazim ex, ea errem eleifend definitionem vim. Ut nec hinc dolor possim mei ludus efficiendi ei sea summo mazim ex.

IMPJ危機管理スペシャリスト養成・資格取得コース 

■実施の目的

いのちを守る行動をとる!
台風19号の記録的な被害発生に
警鐘を鳴らす報道が引っ切り無しに発せられている。
「いのちを守る行動をとってください。」と、「一刻も早く」と、

では、具体的にどのような行動が「いのちを守る行動」と言えるのか? 
それぞれの置かれる状況で違ってくるのは当然。
この問いへの答えは、確かに難しい

しかし、いのちの危機が迫っている時、それでは困るのです。
その瞬間、自身の大切ないのちを守るのは自分自身です。
また、大切な人、愛する人のいのちを守るのは、私自身です。

具体的ないのちを守る術を、考え方を、伝え方を学びます。
指導者、指揮者を育成します。

■実施内容

■実施概要

日程 :2019年12月7日(土)~8日(日)
時間 :1日目 13時集合、 2日目 12時30分解散
定員 :12名 ※最少催行人数に達しない場合は中止となります。
実施場所:ぼうさい村キャンプ場ピラミッドの森 那須塩原

参加費用:12万円(税別) ※宿泊費、食費、教材費を含みます。
尚、交通費は、含みません。

ぼうさいこくたい2019@NAGOYA

本年度、いのちを守るatプロジェクトJAPANは、「ぼうさいこくたい@NAGOYA」に出演いたします。 

ぼうさいこくたい2019@NAGOYA


ステージプログラムとして、「いのちを守る@防災劇場」を上演いたします。

防災劇場

「ぼうさいこくたい」とは、

大規模災害に備える
– まなぶ・つながる・つよくなる - 防災を、もっと日常に

近年、災害が激甚化する中、行政による「公助」はもとより、国民一人一人が自ら取り組む「自助」、そして、地域、企業、学校、ボランティアなど互いに助け合う「共助」を組み合わせ、地域全体で防災意識を高め、あらゆる自然災害に備える「防災意識社会」を構築していくことが大切です。

このため、防災に関連する全国規模の団体ネットワークを活用し、幅広い層に防災意識の向上を呼びかけることを目的として、安倍総理大臣のリーダーシップにより、「防災推進国民会議」が2015年9月に設立されました。これは、自助・共助の重要性が国際的な共通認識とされた2015年3月の「第3回国連防災世界会議」で採択された「仙台防災枠組2015-2030」をもとに、市民社会、企業、ボランティア、コミュニティ団体、学術界等、各ステークホルダーに災害リスク削減に関する取り組みを奨励することが規定されたことにも応えるものです。

内閣府、防災推進協議会、防災推進国民会議が主催する「ぼうさいこくたい(防災推進国民大会)」は、国内最大級の総合防災イベントです。

2016年より毎年実施し、第4回目となる今年は名古屋市で開催します。
名古屋市は、南海トラフ地震の発生が予測される地域であること、大規模災害発生時においても中部圏の社会・経済活動が維持されるための産官学を超えた共助の枠組を持っていること、2019年は災害対策基本法策定のきっかけとなった伊勢湾台風から60年であることより、「防災推進国民大会2019」の開催地となりました。               

ぼうさいこくたいホームページより

プラットホーム桐ヶ丘 防災セミナー 北区地域づくり応援団事業

2019年6月29日、東京都北区のプラットホーム桐ヶ丘で、地域の方々を対象に防災セミナー「いのちを守る@防災Live 入門編」を実施してきた。
時折、強く雨が降る悪天候にもかかわらず、50人近い参加者の皆さん。
中には私、高貝正芳が講師を勤めさせていただいたセミナーに3回目のご参加と言われるか方もいらした。  感謝  

プラットホーム桐ヶ丘
高貝講師
プラットホーム桐ヶ丘
発災直後の食べるを学ぶ
プラットホーム桐ヶ丘
プラットホーム桐ヶ丘
大災害が来ても生き抜くぞ!

このセミナーは、東京都北区の「北区地域づくり応援団事業」の助成を頂いて、私達 IMPJが実施しているものだ。  
今回は、デイサービス施設のプラットホーム桐ヶ丘様からのご応募があり盛況な会となった。 

【実施の内容】
90分メイン講師 高貝正芳
プログラムディレクター 柏原由興 

🔘いのちを守る@防災3ポイントレッスン
🔘あの時を振り返る(ビデオ視聴)
🔘防災クッキング (ホットンパック編)  

★セミナー実施のお問い合わせ 
東京都北区の場合は、助成対象になる場合があります。

個別にお問い合わせください。 
電話  0120-508-114 

 (一社)いのちを守る@プロジェクトJAPAN
北区地域づくり応援団事業係     

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
代表理事 高貝 正芳