いのちを守る防災CAMP in そなエリア東京

BOSAICAMP

開催予告 in そなエリア東京

2022年8月20日(土) 「防災CAMP」防災体験学習施設「そなエリア東京」開催決定しました。 
8月の上演も、野外での上演です。 11時から開演です。
新たに、黄色のパフォバス(ステージバス®)で、皆さんをお迎えいたします!
 

防災CAMP, 防災劇場
2022年5月28日(土)開催の様子 そなエリア東京

 第2部は、いのちを守る@防災クッキング 実際に発災直後を想定して、
 防災食を自分で調理して食べます!!
 12時30分から開始です。 30分のセッションです。ちょうどお昼ごはん時!

防災クッキング
2022年5月28日(土)いのちを守る@防災クッキングin そなエリア東京

お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

LINE公式アカウント

友だち追加

防災セミナーイベントの開催ご希望の際も上記迄

お気軽にお問合せ下さい。

 お問合せは、
お問合フォーム」、「
メール」、「
お電話」にてご気軽にご相談ください

東日本大震災11年 釜石の奇跡

昨年2021年11月6日、7日、釜石市で開催された「ぼうさいこくたin釜石」に参加してきました。
この「ぼうさいこくたい」とは、内閣府が主催し毎年実施されている防災啓発事業です。

釜石と言えば、「釜石の奇跡」のことを思い出します。

それは、15,800以上もの人々のいのちを奪い、約2,660人が行方不明となっている
2011年3月11日、東日本大震災で、
岩手県釜石市の3,000人近い小中学生のほぼ全員が高台に避難し奇跡的に無事だったことだ。
釜石市では1,000人以上が亡くなったが、学齢期の子どもの犠牲はたまたま津波が襲った時に学校にいなかった5人のみだった。

大地震発生直後、釜石東中学校の生徒達は、直ちに学校を飛び出し、高台をめがけて走りました。
近所の鵜住居小学校の児童や先生達は校舎の3階に避難しようとしていたが、

「3階より高い津波が来たら大丈夫なの?」との思いと、避難する子どもたちの姿を見て、
すぐにあとに続きました。

高台に着いたとき、背後で巨大な津波が学校を、そして町を飲み込んでいました。
                                (釜石の奇跡より)


先日、ある経済団体から「正常性バイアス」による避難遅れをテーマにして、防災プログラムを
実施してほしいとの要望を受けました。

釜石の子供たちは、迷いなく走り出しました。

いつ来るかわからない大地震、本当に来るかどうかわからない大津波、
しかし、過去実際に何度も繰り返し、これらの災害は多くの大切な命を奪っています。

沿海部、大きな河川の河口に近くであれば、
やはり津波の脅威はゼロではない、ということは忘れないでいてほしい。

むしろ、無駄になってもいいから、大きく揺れたら、彼らの様に
一目散に高台に走り出していくべきだと思います。



ぼうさ村ON CAMP のホームページをリニューアルしました。

ぼうさい村

那須町に作っている「ぼうさい村ON CAMP」のホームページを

新しく作りなおしました。

新型コロナ禍の中、なかなか、ご利用いただきにくいのですが、

日帰りキャンプ、日帰りバーベキューなどを楽しみながら、

防災、生き抜くすべを考える機会にしてもらえるように整備しています。

★ホームページリンク先 

     ⇩

ぼうさい村ON CAMP (google.com)

ぼうさいワークショップ いのちを守る@防災Live

発災直後の“生き抜く事”をテーマにした防災講義とワークショップを実施します。 
“ミニ防災体験”を通じ、いつ来てもおかしくない大規模災害発生時に
自分のいのちを守り、守ったいのちで大切な人、
愛する人を守る方法について学ぶことができます。

      講師 高貝正芳 他


  

実施日時 :2022年1月13日 (木曜日)14:00~15:30 90分

場所 : 北とぴあ 1602会議室  〒114-8503 東京都北区王子1丁目11−1

                 ※JR京浜東北線 王子駅下車北口より徒歩2分

実施対象 : 首都直下地震対策と防災に関心がある方 
       小さいお子様同伴も歓迎です。ただ、ベビースペース等のご用意はございません。

費用 : 無料  (要予約 下記予約ホーム、Tel, E-mailで、申し込みください。)  

     ※当事業は、東京都北区の助成事業「北区地域づくり応援団事業」の為、東京都北区在住、
      在勤、在学、また、そのご縁の方々は無料となります。

主催 : 一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN

問合せ先 : Tel 0120-508-114   e-mail info@imp-japan.org

参加申込 : 申込フォーム


    

防災セミナー「いのちを守る@防災街づくりワークショップ」at下落合公民館【さいたま市】

高貝正芳 3つのW

昨年2020年にも防災セミナーの実施予定がありましたが、
新型コロナウイルスの感染拡大対策の為実施中止となりました。
今年は、何とか実施したいとのご要望も頂き、十分な感染対策を実施の上
無事、防災セミナー「いのちを守る@防災街づくりワークショップ」を実施させて頂きました。


さいたま市では地域によっては低い土地があり、
今回のセミナー会場となった中央区でも以前被害を受けた地域がありました。

10月12 日の令和元年東日本台風の際に、観測史上最大となる総雨量約290 ㎜を
観測し、河川水位が上昇、氾濫のおそれが生じたことから、
10月13 日3時5分「荒川流域」に避難指示(緊急)(警戒レベル4)を発令され

この台風により、さいたま市桜区をはじめとして多くの浸水被害が発生したことから、
さいたま市では、災害救助法を適用されました。

会場の「下落合公民館」へも地域の方が、安全を求めて
避難してこられたそうです。
残念ながら、公民館は一時避難場所には指定されておらず
受け入れることが出来なかったとのことです。

いざというときに身を寄せることのできる
「いのちを守る場所」を今のうちに
どこが適しているのか、
確認して、決めておく、一度は、歩いて行ってみる
など事前の「生き抜くプラン」を検討しておくことが大事です。

今回は、埼玉県のハザードマップ、「さいたま市マイ・タイムライン」
などを参照しながら具体的ないのちを脅かす脅威についても
確認しました。

【実施概要】

●日 時  2021年9月7日(火)10~11時半(90分)
●講座名  「いのちを守る@防災街づくりワークショップ」
●内 容  いのちを守る「防災3ポイント」レッスンから、
自身のいのちを守るために必要な行動や備えについて一緒に学びましょう。
●会 場  下落合公民館2Fホール
●費 用  無料(参加者)
●定 員  15名(20歳以上)
●申込期間 8月16日(月)~8月31日(火)※申込順で受付
●持ち物  筆記用具、水分補給用の飲み物、
      ※必要と思われる防災アイテムをご持参いただければ、
       高貝講師からアドバイスが受けられます。


お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

LINE公式アカウント

友だち追加

防災セミナーイベントの開催ご希望の際も上記迄

お気軽にお問合せ下さい。

 お問合せは、
お問合フォーム」、「
メール」、「
お電話」にてご気軽にご相談ください



いのちを守る@防災Live in 北とぴあ 令和3年7月10日

IMPJ代表ブログ更新しました。

防災セミナー いのちを守る@防災Live in 北とぴあ 2021年7月10日 11時~12時半

防災セミナーを実施します。

令和3年度、東京都北区の助成を頂き 下記の様にセミナーを実施いたします。、
コロナ禍のやまぬ状況ではありますが、3密対策は万全に致します。

是非、この機会をご活用ください。

【問合せ先】
一般社団法人いのちを守るatプロジェクトJAPAN
Tel : 0120-508-114 e-mail : info@imp-japan.org

★冷和3年度 東京都北区の「街づくり応援団事業」に採択されました。

★冷和3年度 東京都北区の「街づくり応援団事業」に採択されました。
今年は、年間10回のリモート、オンライン防災セミナーを開催出来ることになりました。
オンライン防災セミナー開催、講師派遣を希望される北区の団体、北区にご縁のある方々
是非、応募下さい。

【実施概要】
(1) 実施内容 90分
セミナー前半は、防災3ポイントレッスン、発災直後を生き抜くためにどうしたらよいか?
後半に、発災直後の食について、各自実際に防災カレーを加熱材セットを使って調理して、防災食に挑戦します。
講義テキストやパソコン、ワークショップの食材などは、ご用意いたします。
普段の町会の集まりや防災訓練、お楽しみ会などと合わせて開催すれば、手軽に防災を学ぶ機会を作ることが出来ます。  
(2) お申し込みが出来る団体   
先着順となります!
東京都北区内に在住、在勤、在学など、
ご縁のある方々、
個人及び団体、任意団体OK
参加例:「北区でバイトしている人を中心に、集まったメンバーで 」 など
(3) 参加人数   
10人~30人程度 ※オンラインの場合は、~20名程度が最適です。
(4) 実施時間   
実施を希望される日の10時から21時の間の90分
(5) 費用  
東京都北区から、助成事業として開催費用の助成を頂いているため  
1団体当たり 5,000円(税込み)以外の費用は必要ありません。
(6) 申込方法は、下記あてに、
  (一社)いのちを守るatプロジェクトJAPAN
  Tel : 0120-508-114   
  E-mail : info@imp-japan.org

いのちを守る@防災エンタワークショップ 2月20日 実施決定

BOSAICAMP

いのちを守る@防災CAMP in そなエリア東京
開催予定  2021年2月20日(土)

2020年2月15日(土)そなエリア東京での上演以来、
コロナ禍のため 4月、5月、6月、10月と定期上演を中止してきた。

年が改まる、1月16日(土)の上演再開に引き続き、
感染予防に厳重配慮しつつ、内容を変更して!
「いのちを守る@防災エンタワークショップ」
を2月20日(土)に実施します。


★ いのちを守る防災CAMP
       防災エンタワークショップ


【概要】大災害発生時、自分のいのちを守るために必要な行動や備えについて、

  マジックで楽しみながら学びます。
                ぜひ、ご覧ください。



【日時】2月20日(土)
【開催時間】11:15~、13:15~、15:15~
【所要時間】20分~30分程度
【場所】そなエリア東京1Fエントランス
【参加費】無料
【定員】各回15名(当日先着順)
【主催】一般社団法人いのちを守る@プロジェクトJAPAN



お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
http://cma-atmama.org

地域、商店街での開催ご希望の際も上記迄お気軽にお問合せ下さい。