レッドサラマンダー@ぼうさいこくたい in名古屋2019

内閣府が、毎年実施している「ぼうさいこくたい」と言う
防災イベントをご存じでしょうか?


今年は、コロナ禍の中開催が危ぶ生まれましたが、
リモートスタイルで、かなり規模を縮小して実施されました。

私たちは、参加を断念しましたが、
昨年、名古屋で参加した際の活動記録資料を引き出しながら、
2021年の「ぼうさいこくたい」には、コロナ禍が継続していたとしても
参加、出演していきたいと考えています。
参加方法、上演内容を工夫をして「いのちを守る、そして、生き抜く術」
学べる機会を盛り上げてまいりたいと思います。

追伸、昨年の資料の中から、
レッドサラマンダーの動画を偶然撮影しました。

撮影 IMPJ 柏原由興

レッドサラマンダーとは、
正式名称は「全地形対応車」 英語名称「Red Salamander」

大規模災害発生時に、通常タイヤの車両では走行が難しい場所に投入され、活動困難な救助活動を遂行するために
総務省消防庁が配備した特殊消防車両です。

In recent years, there have been many requests for rescue operations in natural disasters such as earthquakes and heavy rains, and the roles required for fire and rescue vehicles have diversified according to the type of activity. “Red Salamander” is a special vehicle that can drive in rough lands, mud, slopes, ditches, and other rough lands and places where rubble and earth and sand have been deposited, and is expected to be active in personnel, goods transportation, and rescue operations at various disaster sites.


連絡先
一般社団法人いのちを守るatプロジェクトJAPAN
Tel : 0120-508-114 Mail : info@imp-japan.org
http://imp-japan.org
http://cma-atmama.org

#レッドサラマンダー
#Red Salamander
#ぼうさいこくたい
#飛沫防止シート
#いのちを守る@3つのパッケージ
#非常用持ち出し袋
#いのちを守る防災アイテム
#子育てママの@体験型防災セミナー
#いのちを守る行動
#公益社団法人危機管理協会 専務理事 高貝正芳


体験型防災セミナー予約受付中いのちを守る@防災Live in 北区

東京都北区ロゴマーク

この事業は、東京都北区の「北区地域づくり応援事業」の助成を受けています。 発災直後の“いのちを守る”をテーマにした防災講義とワークショップを実施します。 
コロナ禍の中、もし地震をはじめとする大災害が発生したらどうする。
どのようにして、私たちの大切な「いのち」を守るのか。
災害は、複合化して、私たちの「いのち」を脅かしています。
このセミナーの中で実施する “ミニ防災体験”を通じ、いつ来てもおかしくない大規模災害から、自分のいのちを守り、守ったいのちで大切な人、愛する人を守る具体的な方法について学ぶことができます。

是非、コロナ禍の中だからこそ、ご参加ください!


【実施の概要】

【実施日程】
令和2年度助成事業 第一回目
日程 令和2年2月10日 木曜日 
時間 10:00~11:30 (90分)
場所 北とぴあ 802会議室 

令和2年度助成事業 第二回目
日程 令和3年1月12日 火曜日 
時間 13:30~15:00 (90分)
場所 北とぴあ 802会議室


参加費 : 無料 / 定員 各30名(先着順)

【実施の内容】
90分メイン講師 高貝正芳
プログラムディレクター 柏原由興 

🔘いのちを守る@防災3ポイントレッスン「コロナ禍の中、複合災害に勝つ!」
🔘防災リスクサーベイ ミニ (防災シミュレーションゲーム)
🔘防災クッキング (ホットンパック編)  

【対象】
東京都北区在住、通勤、通学などの方々


お気軽にお問い合わせください。 
電話  0120-508-114   e-mail : info@imp-japan.org

 一般社団法人いのちを守る@プロジェクトJAPAN
北区地域づくり応援団事業係     

感染防止防護服の企画制へ参加!!

新型コロナウイルス拡大中のさなか、
4月中旬から医療・福祉を中心として品不足となった、
感染予防用の防護服、商品名はサンプラガウンの企画・製作にかかわらせて頂きました。

医療関連の物資不足が、ひっ迫する中、電子部品関連のフィルム専門メーカーの
サンプラスチック株式会社(那須塩原市)の
大江社長さんが、自社の製品を生かして、

何とかコロナ感染予防に役立てたい
ご苦労されている福祉介護及び医療現場の方々の助けになれば!!
との思いで感染予防防護服の製作に取り掛かりました。

現在、下記のような製品となって、
介護施設、病院、消防関係で使用いただいています。

特徴は、静電防止機能、もともとは電子部品を包むときに
製品を静電気で破壊しないようにするために開発されたフィルムを活用して、

冬には特には特に怖い、びりびり「静電気」が起こりにくくしています。
また、ウイルスのいっぱいついたダストを静電気で吸い付けない効果もあります。

知恵を生かして、コロナ禍と戦っていきたいと思います。


連絡先
一般社団法人いのちを守るatプロジェクトJAPAN
Tel : 0120-508-114 Mail : info@imp-japan.org
http://imp-japan.org
http://cma-atmama.org

いのちを守る防災CAMP 2020年度 実施中止

いのちを守る防災CAMP

いのちを守る防災CAMPの年間実施予定をお伝えし通りましたが、
コロナ禍の中、実施の見通しが立っておりません。

3密を回避した、「いのちを守る防災CAMP」の実施を検討しています。
動画での配信も一案として考えています。



【当初の主な実施スケジュール】

2021年2月20日(土) 防災体験学習施設「そなエリア東京」
2021年1月16日(土) 防災体験学習施設「そなエリア東京」
2020年10月17日(土) 防災体験学習施設「そなエリア東京」
2020年10月12日(月)~15日(木)愛知県田原市学校公演
2020年10月3日(土)4日(日) 内閣府主催「ぼうさいこくたい」
2020年10月上旬         イオンモール浜松志都呂
2020年6月20日(土) 防災体験学習施設「そなエリア東京」(中止)
2020年5月16日(土) 防災体験学習施設「そなエリア東京」(中止)
2020年5月9日(土)10日(日)イオンモール幕張新都心(中止)
2020年4月11日(土) 防災体験学習施設「そなエリア東京」(中止)

いのちを守る防災CAMP → 詳細

[お問合せ]
メールアドレス:info@imp-japan.org
Tel:0120-508-114
担当 柏原宛

参加者募集 防災CAMP in イオンモール幕張新都心 2020


いのちを守る防災CAMP 参加者募集

防災の活動をされている団体様、防災関連商品を取り扱っている企業様
イベントを支えてくれるボランティアスタッフ様 など 
幅広く募集しております。

■日程:2020年5月9日(土)、10日(日)
    イオンモール幕張新都心 グランドコート

■時間:10:00~16:00

[資格] 
①一般個人及び地域団体など 防災に興味のある方
➁企業 協賛ブース出展 ※詳細は、お問合せください。

[必要事項]
氏名、年齢、連絡先電話番号、団体名、主な活動内容、参加される人数

[応募締切]
4月10日(金)

[注意事項]

・応募いただいた個人情報については本イベント以外では使用いたしません。

・応募数や内容を考慮し当イベントに適さないと判断した場合、ご参加いただけないことがございます。

[応募方法及びお問合せ]

メールアドレス:info@imp-japan.org
Tel:0120-508-114

担当 柏原宛

*・。*゜・。・o゜・。*゜*・。*゜・。・o゜・。*゜*・。*゜・。・o

昨年2018年度実施の様子

実施概要

2020年5月9日(土)、10日(日)
いのちを守る防災CAMPイオンモール幕張新都心 グランドコート

☆イベントスケジュール☆  (案)      *・。*゜・。・o゜・。*゜

11:00~ オープニング「防災リスク・サーベイゲーム」

13:00~ 防災劇場

15:00~ 防災クッキング (先着 20組)       *・。*゜・。・o゜・。*゜

防災劇場(マジックショー)、防災クッキング(先着20組)などを通して防災ミニ体験をすることで楽しく真剣に学べます。大災害発生その時。

自身の大切ないのちを守り、守ったいのちで、大切な人、愛する人のいのちを守る。

「生き抜くちから」を身につけます。具体的ないのちを守る術を大切な人と一緒に考えましょう。防災アイテムの即売会、お土産付きスタンプラリーも開催!

■主催

いのちを守る防災プロジェクト実行委員会

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN

■特別協賛

アキレス/イオンモール幕張新都心 / 特定非営利活動法人救急ヘリ病院ネットワーク / 公益財団法人文化科学教育研究会

■後援

内閣府政策統括官(防災担当) (予定)/ 千葉市(予定)/ 熊本市(予定)/ 大船渡市(予定)

■協力(実績)

キャンパルジャパン/コープサービス / アクアライン / サンプラスチック / 鶴見製紙 / トップウォーターシステムズ / JFE商事鋼管管材株式会社(予定) / トイコー(予定)/ 黒岩禅/ ヤタロー / 魔法招会 他

*・。*゜・。・o゜・。*゜*・。*゜・。・o゜・。*゜*・。*゜・。・o゜・。

============================================

<お問い合わせ先>

 合せは、
お問合フォーム」、「
メール」、「
お電話」にてご気軽にご相談ください。


いのちを守る@防災エンタワークショップ©

防災エンタワークショップ

防災エンタワークショップの紹介ビデを作りました。
2018年~2019年に実施した活動の一部を掲載しました。

動画へのアクセスは、こちら →   動画

歯科情報誌 アポロニア21 2019年11月号 掲載

災害時に「いのちを守る」術を多くの人に伝えたい!

高貝代表のインタビューが 歯科医院経営・総合情報誌「アポロニア21」
掲載されました。

【 掲載の内容 】

◉「3つのW」とは「What」「When」「Where」
◉「いのちを守る行動」とは
◉トップの判断が生死を左右する
◉正確な防災知識を広めたい

★講演、寄稿等ご依頼・ご相談へのお問合せ先
※医療施設向けの防災訓練・BCP策定へのご相談も承ります。

〒114-0012 東京都北区田端新町1-20-11-1001
一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
e-mail : info@imp-japan.org
Tel : 0120-508-114

ぼうさいこくたい2019@NAGOYA

本年度、いのちを守るatプロジェクトJAPANは、「ぼうさいこくたい@NAGOYA」に出演いたします。 

ぼうさいこくたい2019@NAGOYA


ステージプログラムとして、「いのちを守る@防災劇場」を上演いたします。

防災劇場

「ぼうさいこくたい」とは、

大規模災害に備える
– まなぶ・つながる・つよくなる - 防災を、もっと日常に

近年、災害が激甚化する中、行政による「公助」はもとより、国民一人一人が自ら取り組む「自助」、そして、地域、企業、学校、ボランティアなど互いに助け合う「共助」を組み合わせ、地域全体で防災意識を高め、あらゆる自然災害に備える「防災意識社会」を構築していくことが大切です。

このため、防災に関連する全国規模の団体ネットワークを活用し、幅広い層に防災意識の向上を呼びかけることを目的として、安倍総理大臣のリーダーシップにより、「防災推進国民会議」が2015年9月に設立されました。これは、自助・共助の重要性が国際的な共通認識とされた2015年3月の「第3回国連防災世界会議」で採択された「仙台防災枠組2015-2030」をもとに、市民社会、企業、ボランティア、コミュニティ団体、学術界等、各ステークホルダーに災害リスク削減に関する取り組みを奨励することが規定されたことにも応えるものです。

内閣府、防災推進協議会、防災推進国民会議が主催する「ぼうさいこくたい(防災推進国民大会)」は、国内最大級の総合防災イベントです。

2016年より毎年実施し、第4回目となる今年は名古屋市で開催します。
名古屋市は、南海トラフ地震の発生が予測される地域であること、大規模災害発生時においても中部圏の社会・経済活動が維持されるための産官学を超えた共助の枠組を持っていること、2019年は災害対策基本法策定のきっかけとなった伊勢湾台風から60年であることより、「防災推進国民大会2019」の開催地となりました。               

ぼうさいこくたいホームページより

知っておきたい防災知識~いのちを守る@防災クッキングin大石公民館

いつおこるかわからない災害に対して「自分のいのちは自分で守る」


「大切な人・愛する人」を災害から守るための知識、
また日頃からの備え
“ローリングストック”を「非常食」として活用する大切さを学ぶ!

防災セミナーの 実施の概要  *・。*゜・。・o゜・。*゜

講師: 高貝正芳 
IMPJ (一社)いのちを守る@プロジェクトJAPAN 代表理事


日時: 9月9日(月)13:30~15:30 (全1回)
対象: 上尾市内に在住・在勤・在学
定員: 50人(8月1日から先着順)
場所: 上尾市小泉9-28-1

ホットンパックを活用した、発災直後のたべるを学びます。

★ 参加者の持ち物
ペットボトルなど水500ml、
家にある保存食(レトルトのスープ・赤飯・缶詰など)
タオル(小)、紙皿、使い捨てスプーン,筆記用具


★ 主催及び参加の申込先

上尾市教育委員会教育総務部
大石公民館へ、8月23日(金)まで
TEL: 048-726-6615 Mail: s723400@city.ageo.lg.jp

平成31年度北区地域づくり応援団事業の助成事業 

募集 防災セミナー・ワークショップ実施団体! 
講師費用、ワークショップ消耗品のご負担無し!!

「いのちを守る@防災Live in Kitaku」

この事業は、東京都北区の「北区地域づくり応援事業」の助成を受けています。
ご負担は、5,000円(税込)/ 団体 となります。
実施対象は、北区の地域の団体様となります。
詳細は、お問い合わせください。  御問合せ先 080-508-114

発災直後の“食べる事”をテーマにした防災講義とワークショップを実施します。 
“ミニ防災体験”を通じ、いつ来てもおかしくない大規模災害発生時に
自分のいのちを守り、守ったいのちで大切な人、愛する人を守る方法について学ぶことができます。

防災キャンプ

<こんな事にお悩みでしたら!>
・防災セミナーの実施を考えているけれど楽しく参加型のセミナーにしたい。
・講師費用や会場費、それに、ワークショップの消耗品の費用が十分にない。
・北区の事情に合った役に立つ防災セミナーを実施したい。
・本当に「いのち」を守れるようなセミナーにしたい。
・子育て世代も親子で参加したい。

<ご用意頂く情報>

この事業は、東京都北区の「地域づくり応援事業」の助成を受けています。 
実施をご希望の方は、下記の内容をお知らせください。

①団体(任意団体可) ②開催希望日時 ③対象者

④人数(30人~50人) ⑤会場(場所)など

※実施対象は、東京都北区内となります。
※商業目的の開催は、対象外となります。
※担当講師は、日程や実施条件に合わせて決定させていただきます。
※駐車場の確保をお願い申しげます。(有料駐車場の場合助成対象)
※会場、講師の控室の確保をお願い申しげます。( 有料の場合助成対象 )

*・。*゜・。・o゜・。*゜*・。*゜・。・o゜・。*゜*・。*゜・。・o゜・。

============================================

<お問い合わせ先>

【団体名称】
一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
北区地域づくり応援事業 係 

【住所】
〒114-0012  
東京都北区田端新町1-20-11-1001 
〒325-0103
栃木県那須塩原市青木27-231 四季の街

 お問合せは、
お問合フォーム」、「
メール」、「
お電話」にてご気軽にご相談ください。