防災リスクサーベイゲームタグ

防災リスクサーベイゲーム

発災その瞬間、第一撃からいのちを守る!
そして、守ったいのちを 次の日へ、そして次の日へ つなぐために

最後まで生き向くために  決める力、生き抜く力を身に着ける!

重要な視点「3つのステップ」とは?

情報収集「集める」→意思決定「決める」→迅速な行動「行動する」
発災直後状況は、目まぐるしく変化する
新しい情報も入ってくる一度決めたことにとらわれず、

このサイクルを回し続ける!

発災その瞬間、初動の行動で、次に起こる結果が決まってしまいます。
第一歩をどちらに、どのように踏み出すのか?

どのような行動するか、如何にしてに決断をするかを
体験する防災シミュレーションゲームです。

 

■設定された状況と限られた情報の中で、意思決定のプロセスとその難しさを学んでいきます。

細かな状況変化に目を光らす。
一度、決めた事、意思決定した事にこだわらない事が大事です。

■意思決定には、情報が不可欠です。

しかし、目の前に起こっている事から
いのちを守り、生き抜くための情報を入り取るためには
実は、いま、被災する前に持っている情報がキーとなります。


また、持っていてほしい情報とは何か?
その情報の使い方は?


これらを防災ゲームの中で学びます。

そして、その学びは実際の場面では自身の大切な
いのちを守る武器として、実際に役立たせます。

【実施例】

・設問 BRSG シミュレーションゲーム ① ・・・ 例題に挑戦する。

     ※ディスカッション&ファシリテーターのフィードバック


・作問 BRSG シミュレーションゲーム ② ・・・ 各自で問題を作る。

     ※チームごとの代表問題の発表&ファシリテーターのフィードバック

 

関連情報
①「都市直下型地震発生時に備えた研修会」2019年4月22日(月) 
主催 ライオンズクラブ国際協会330-A 地区キャビネット
緊急災害対策委員会 「防災リスクサーベイゲーム」 講師 高貝正芳

ライオンズクラブ国際協会330-A地区キャビネット

②2017年2月8日(水)港区芝浦支所消費者センター講習室にて、芝浦・海岸地域の企業、区民、関係機関による「第5回芝浦・海岸地域防災連絡会」が開催されました。第2部防災学習セミナーには、公益社団法人危機管理協会より同専務理事 高貝正芳講師をお招きし、防災学習セミナーを同時開催いたしました。
首都圏直下型地震から大事ないのちを守るすべを学ぶ「いのちを守る@防災リスクサーベイゲーム」。発災時や避難時における状況下、どのように行動するかを決断することをチームで体験するシュミレーションゲーム。4人1グループで体験しました。 (東京都港区ホームページより)


FPDFダウンロード

*・。*゜・。・o゜・。*゜*・。*゜・。・o゜・。*゜*・。*゜・。・o゜・。

============================================

<お問い合わせ先>

【団体名称】
一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN

【住所】
〒114-0012  
東京都北区田端新町1-20-11-1001 
〒325-0103
栃木県那須塩原市青木27-231 四季の街

 防災セミナー、防災イベントのご依頼、お問合せは、
お問合フォーム」、「
メール」、「
お電話」にてご気軽にご相談ください。