アーカイブ: 2022年8月16日

集中豪雨、異常気象ではない。

夏休みに入って、都会の蒸し暑さ、新型コロナの感染を嫌って、
海や山で過ごす計画を立てている皆さんも多いと思います。

家族とのイベントを最後まで楽しく過ごせるように、
大げさな言い方かもしれませんが、愛する家族のいのちを守るために心掛けて頂きたいことがあります。

計画を実行に移すときは、

必ず目的地へのルートを調べますよね。


その時に是非、

目的地周辺の土地柄にも関心を持ってほしいのです。

➀目的地の近くに何があるのか? 地震や山火事が発生した時に
 一次避難できる場所は? そこへの避難ルートは?

➁病院は、近くにありますか?

③そして、更に大事なのは、目的地周辺の天気予報!
目的地が、山間部であれば天候の変化が激しい場合があります。
さっきまで、青空だったのに気が付けば集中豪雨と言うことも珍しくない
地域や季節もあります。

【気を付けたいケース河原での集中豪雨編】

山間部の河原でキャンプ、バーべキューを楽しむ場合、
今は当然、地面は乾いていて、水辺から十分に離れていると思われる場所であっても
集中豪雨が、襲ってきた場合一瞬にして、水位が上げり中州に取り残されて
逃げようにも川の流れが速くなり手遅れ! となる場合があります。

そもそも場所の選定が問題だっあかもしれません。
そして、早めに情報収取して、少しでも危険だなと感じたら
早めに場所を変えるなりして、安全サイドを選択してほしいと思います。


お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

友だち追加

防災イベント いのちを守る防災CAMP in そなエリア東京 中止のお知らせ

開催中止のお知らせ in そなエリア東京

新型コロナウイルス拡大の為、
2022年8月20日(土) に開催予定としておりました、
「防災CAMP」防災体験学習施設の開催を中止と致しました。


感染対策の為、野外での黄色のパフォバス(ステージバス®)での上演を予定しておりましたが、
猛暑の中、日陰とはいえ屋外で、マスク着用したご参加は危険と判断しました。

演者につきましても、マスク、フェイスシールドなどの装着が必要となり、
猛暑の中演者の健康管理上、上演は不可能と判断いたしました。

本当に残念です。
そなエリア東京での次回上演は、来年初頭を予定しています。

かなり先になりますが、
是非、次回、皆様とお会いできればと思っています。

黄色のパフォバス(ステージバス®) 備えチア東京にて、6月実施の様子


お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

友だち追加