「いのちの体験教室®」とは

いのちの体験教室®は、「高貝正芳講師」プログラム考案(2012年) 学校宿泊型防災訓練、いのちを守るシリーズの元祖防災セミナーです。学校向けの宿泊型防災訓練プログラムとして、2012年11月10日・11日の2日間にわたって、立花学園高等学校(神奈川県足柄上郡松田町)で、 第一回目の実施を致しました。
JTB様とTOYOTA様協力のもと、元公益社団法人危機管理協会 CMA(シーマ)高貝正芳が講師を務めました。
以降、「いのちの体験教室®」プログラムは、小中学校、高等学校、大学、一般企業向けのシリーズとして、弊社MPJが継続実施しています。 

いのちを守るatプロジェクトJAPANとは?

「大切な自身のいのちを守る」ための具体的な方法に関する意識と知識の啓発活動として,
危機管理・防災セミナー、イベントを全国で企画・実施及び受託しています。

危機管理指導者養成研修

近年多発している自然災害の被害から如何にして大切ないのちを守り、最後まであきらめず、生き抜くのか!

これをテーマとして、阪神淡路大震災の被災体験、被災その後の視点などさまざまな「生き抜くための」ストーリーをお伝えします。また、受講者のみな様には聞くだけになってしまう防災講義とならない様に
被災疑似体験を机上でしていただきます。
名付けて「防災リスク・サーベイゲーム」

いのちを守る防災CAMP

いのちを守る防災CAMPの「キャンプ」の意味は、訓練や陣地を指します。
「防災の拠点」となるように
名前を付けました。
2014年4月 いのちを守る防災プロジェクト実行委員会を組織し内閣府、地方自治体などの後援を受け実施しています。大災害に対し、いかに、大切な自身の「いのちを守り」そして、「なんとしてもいきぬく」 次の日は、そして、次の日へといのちを繋いでいくか、その大切さと具体的な術を学ぶ場を創ってきました。

IMPJ防災リーダー検定試験

大地震などの自然災害や、不測の事態に迅速・的確に対処できるよう、事前に準備しておく諸対策の知識を問う資格試験です。

IMPJ防災リーダー検定試験は、その知識レベルや取るべき行動に応じてIMPJ防災リーダー初級から上級までの各段階を設定していますが、級が上がる毎に、知識だけでなく取るべき行動や瞬時の判断能力、またグループを束ねた救助活動を行うための実務能力も必要とされるように設定しています。

目的は、いのちを守ること

災害は、繰り返される。 しかし、これは、歴史ではない。

img

言い方は、適切ではないかもしれませんが、私たちは、多くのかけがえのない「いのち」とひきかえに私たちの大事な「いのち」を守るすべを手に入れることができていると思います。
その意味で、私たちは、自らの「いのち」を守り、守った「いのち」で、愛するひと、大切な人の「いのち」を守らなければならない。
幸いにも私たちが元気な間に、大きな災害が起こらなかったとしても、 私たちの未来の子どもたち、孫たちの世代では、必ずそれは来てしまうでしょう。
私たちは、「いのち」の大切さに深く気づき、「いのち」を守るすべを学び、 これを次の世代に伝える義務があるとおもいます。

IMPJ代表理事 - 高貝 正芳

防災ニュース

大災害から、大切ないのちを守るための情報を発信していきます。

下落合公民館 知っておきたい防災知識

講座名 「防災リスクサーベイゲーム」

・目的:発災その瞬間、第一撃からいのちを守る!
そして、守ったいのちを 次の日へ、そして次の日へ つなぐために
最後まで生き向くために 「決める力、生き抜く力を身に着ける!」


プログラム概要


発災直後のいのちを守る行動をシュミレーションして「その時」を体験します。「いのちを守る3ステップ」(情報収集、意思決定、迅速な駆動)から自身のいのちを守るすべを習得していきます。

伝えたいポイント


重要な視点「3つのステップ」とは?


情報収集「集める」→意思決定「決める」→迅速な行動「行動する」
 発災直後状況は、目まぐるしく変化する
 新しい情報も入ってくる一度決めたことにとらわれず、

実施内容

発災その瞬間、初動の行動で、次に起こる結果が決まってしまいます。


第一歩をどちらに、どのように踏み出すのか?
いのちを守るためにどのような行動するか、如何にしてに決断をするかを
体験する防災シミュレーションゲーム です。

設定された状況と限られた情報の中で


意思決定のプロセスとその難しさを学んでいきます。
細かな状況変化に目を光らす。
一度、決めた事、意思決定した事にこだわらない事が大事です。

意思決定には、情報が不可欠です


しかし、目の前に起こっている事から
いのちを守り、生き抜くための情報を入り取るためには
実は、いま、被災する前に持っている情報がキーとなります。
また、持っていてほしい情報とは何か?
その情報の使い方は?
これらを防災ゲームの中で学びます。

そして、その学びは実際の場面では自身の大切な
いのちを守る武器として、実際に役立たせます。

タイムテーブル


前半55
・防災3ポイントレッスン(30分)

・設問 BRSG シミュレーションゲーム ① ・・・ 例題に挑戦する。

     ※ディスカッション&ファシリテーターのフィードバック

休憩10分

後半 55分
・作問 BRSG シミュレーションゲーム ② ・・・ 各自で問題を作る。

     ※チームごとの代表問題を選定、発表&ファシリテーターのフィードバック
・振返り 代表発表


お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

友だち追加

いのちを守る防災CAMP そなエリア東京

防災イベントそなエリア東京

2023年1月29日(日)レギュラー出演中のいのちを守る防災CAMPを実施してきました。

大寒波の合間を縫って、有明の太陽に照らされて、元気いっぱいの子供たち、
ご家族に参加して頂きました。

那須から走ってきた、パフォバス(パフォーマンスバス)を背景に
野外ステージを組んで防災マジシャンたちの最高の防災マジックショーでした。

そして、今回は、TikTokで68万人のフォロワーを持つ、謳歌、、をパパにもつ
娘ちゃんが、と特別出演 オープニング・ショーを飾ってくれました。

楽しい防災イベントの内容は

午前 11:00~いのちを守る@防災劇場

午後 12:30~いのちを守る@防災クッキング


発災直後の食べるがテーマ
自分たちで調理して、自分たちで食べる。。
水を入れたら加熱する、ホットンパックを使って、
レトルトカレー温めとアルファー米(のぞみ食品)を炊いて食べるに挑戦して頂きました。

みんなしっかり食べて!「おいしかった、、おいしかった!」


お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

友だち追加

シェイクアウト訓練とは?

アメリカ合衆国で始まった地震防災訓練

シェイクアウト訓練は、2008年にアメリカ合衆国のカリフォルニア州で
始まった地震防災訓練です。
英語では「Shake Out」と表記されます。

「Shake~out of…」が「…から~を振り払う」という意味を持つので、
地震を振り払う」という意味を込めてつくられた言葉とのこと。

日本語では「一斉防災訓練」と訳されている。

ドロップ、カバー、ホールド、実際の動作は?

ドロップ、カバー、ホールドオンの練習を行うことが重要なのはなぜですか? 
素早く反応するには、何度も練習する必要があります。

強い揺れがあなたを倒したり、何かを落としたりする前に、
地震から身を守るのに数秒しかないかもしれません。

反復練習することで、その習慣に対して機敏に反応する準備が整います。

あなたが、建物の中にいる場合は?

数歩だけ移動してから、

ドロップ、カバー、ホールドオ

ドロップ ➡ 地面にしゃがむ 。

地震が、あなたを倒す前に!

頑張って、立っていようとしない。

カバー ➡ 頑丈な机やテーブルの下に 潜り込み、


落下、転倒、移動、してくる脅威から体を守って下さい。


頭と首を手と腕で覆います。

ホールドオン ➡ 揺れが収まるまで、そのままとどまって下さい。

その時、周囲の危険から目を離さないでください。
目は閉じない!

近くにテーブルや机がない場合は、建物の内側の角の床にしゃがんで頭と首を手と腕で覆います。
テーブルの下に潜り込むためだけに別の部屋に逃げようとしないでください。

手段と目的を間違えないでください。


お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

友だち追加