タグ: 防災リスクサーベイゲーム

ぼうさいこくたい2021

ぼうさいこくたい

IMPJ 一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPANは、「ぼうさいこくたい2021」に
参加させていただく事に致しました。

主催:防災推進国民大会実行委員会 (内閣府、防災推進協議会、防災推進国民会議) 
協力:岩手県、釜石市


〜震災から10年~ つながりが創る復興と防災力

 東日本大震災津波から10年が経過しました。
震災で大きな被害を受けた岩手県は、防潮堤や道路の整備、街の復興はもとより、個々の防災意識の向上、復興の担い手の育成、そして、個人、団体など多様な主体がつながる場を設けるなど、ハード、ソフトの両面から、「Build Back Better(より良い復興)」を理念に、あらゆる主体が「つながり」ながら、復興に着実に取り組まれています。

 防災力を高めるためには、行政による「公助」、国民一人ひとりが自ら取り組む「自助」、地域、企業、学校、ボランティアなどが互いに助け合う「共助」を適切に組み合わせる、すなわち、これらが「つながる」ことが重要です。さらに、災害時に命を守るためには、官民の様々な主体が連携し、それぞれの力が「つながる」ことが必要です。

 また、岩手県をはじめとする東北の被災地では、経験者による語り部活動、震災伝承施設への訪問活動、震災を踏まえた防災教育の実践など、震災の記憶を風化させることなく語り継ぎ、防災意識を高める、そして、次の世代へ「つなげる」活動を積極的に行っており、これらの取組をより多くの方々に広げていくことが重要です。

こうした考えから、今大会は「つながりが創る復興と防災力」をテーマに、東日本大震災からの10年を振り返るとともに、これからの復興と防災のあり方を考え、震災の経験と教訓を多くの方々へ、そして、未来へ「つなげる機会」にしたいと考えました。

みなさん一人一人が、あらためて震災と向き合うことで、わが国全体の防災力の向上につながる場となるよう、防災推進国民大会2021(ぼうさいこくたい2021)を開催いたします。

(ぼうさいこくたい2021ホームページより)

「いのちを守る@防災街づくりワークショップ」at下落合公民館【さいたま市】

高貝正芳 3つのW

昨年2020年にも防災セミナーの実施予定がありましたが、
新型コロナウイルスの感染拡大対策の為実施中止となりました。
今年は、何とか実施したいとのご要望も頂き、十分な感染対策を実施の上
無事、防災セミナー「いのちを守る@防災街づくりワークショップ」を実施させて頂きました。


さいたま市では地域によっては低い土地があり、
今回のセミナー会場となった中央区でも以前被害を受けた地域がありました。

10月12 日の令和元年東日本台風の際に、観測史上最大となる総雨量約290 ㎜を
観測し、河川水位が上昇、氾濫のおそれが生じたことから、
10月13 日3時5分「荒川流域」に避難指示(緊急)(警戒レベル4)を発令され

この台風により、さいたま市桜区をはじめとして多くの浸水被害が発生したことから、
さいたま市では、災害救助法を適用されました。

会場の「下落合公民館」へも地域の方が、安全を求めて
避難してこられたそうです。
残念ながら、公民館は一時避難場所には指定されておらず
受け入れることが出来なかったとのことです。

いざというときに身を寄せることのできる
「いのちを守る場所」を今のうちに
どこが適しているのか、
確認して、決めておく、一度は、歩いて行ってみる
など事前の「生き抜くプラン」を検討しておくことが大事です。

今回は、埼玉県のハザードマップ、「さいたま市マイ・タイムライン」
などを参照しながら具体的ないのちを脅かす脅威についても
確認しました。

【実施概要】

●日 時  2021年9月7日(火)10~11時半(90分)
●講座名  「いのちを守る@防災街づくりワークショップ」
●内 容  いのちを守る「防災3ポイント」レッスンから、
自身のいのちを守るために必要な行動や備えについて一緒に学びましょう。
●会 場  下落合公民館2Fホール
●費 用  無料(参加者)
●定 員  15名(20歳以上)
●申込期間 8月16日(月)~8月31日(火)※申込順で受付
●持ち物  筆記用具、水分補給用の飲み物、
      ※必要と思われる防災アイテムをご持参いただければ、
       高貝講師からアドバイスが受けられます。

【問合わせ先】
一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
代表理事 高貝 正芳
Tel : 0120-508-114

いのちを守る@防災Live in 北とぴあ 令和3年7月10日

IMPJ代表ブログ更新しました。

防災セミナー いのちを守る@防災Live in 北とぴあ 2021年7月10日 11時~12時半

防災セミナーを実施します。

令和3年度、東京都北区の助成を頂き 下記の様にセミナーを実施いたします。、
コロナ禍のやまぬ状況ではありますが、3密対策は万全に致します。

是非、この機会をご活用ください。

【問合せ先】
一般社団法人いのちを守るatプロジェクトJAPAN
Tel : 0120-508-114 e-mail : info@imp-japan.org

防災講演会 いのちを守る@防災Live(ライブ)(高円寺地域区民センター)

昨年、新型コロナウイルス感染拡大の為中止となってしまった
防災セミナーを明日、2021年3月9日に実施することになりました。




開催日: 令和3年3月9日(火曜日)
開催時間: 午後2時 から 午後3時30分 まで
対象: 一般
開催場所: 高円寺地域区民センター  杉並区梅里1丁目22番32号 電話:03-3317-6611
      高円寺地域区民センター(建物名:セシオン杉並)

内容: 防災ゲームを通じて、さまざまな状況に応じられるよう防災について学びましょう。

講師: 一般社団法人いのちを守る@プロジェクトJAPAN(ジャパン)
    代表理事 高貝 正芳(たかがい まさよし)


お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

友だち追加

いのちを守る@危機管理指導者養成研修

コロナウイルス感染拡大防止のため以下の実施を中止いたします。

2020年 第1期 (4月~6月)
2020年 第2期 (7月~9月)

※2020年10月以降の再開については、別途ホームページにてご案内いたします。

歯科情報誌 アポロニア21 2019年11月号 掲載

災害時に「いのちを守る」術を多くの人に伝えたい!

高貝代表のインタビューが 歯科医院経営・総合情報誌「アポロニア21」
掲載されました。

【 掲載の内容 】

◉「3つのW」とは「What」「When」「Where」
◉「いのちを守る行動」とは
◉トップの判断が生死を左右する
◉正確な防災知識を広めたい

★講演、寄稿等ご依頼・ご相談へのお問合せ先
※医療施設向けの防災訓練・BCP策定へのご相談も承ります。

〒114-0012 東京都北区田端新町1-20-11-1001
一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
e-mail : info@imp-japan.org
Tel : 0120-508-114

防災リスクサーベイゲーム

発災その瞬間、第一撃からいのちを守る!
そして、守ったいのちを 次の日へ、そして次の日へ つなぐために

最後まで生き向くために  決める力、生き抜く力を身に着ける!

重要な視点「3つのステップ」とは?

情報収集「集める」→意思決定「決める」→迅速な行動「行動する」
発災直後状況は、目まぐるしく変化する
新しい情報も入ってくる一度決めたことにとらわれず、

このサイクルを回し続ける!

発災その瞬間、初動の行動で、次に起こる結果が決まってしまいます。
第一歩をどちらに、どのように踏み出すのか?

どのような行動するか、如何にしてに決断をするかを
体験する防災シミュレーションゲームです。

 

■設定された状況と限られた情報の中で、意思決定のプロセスとその難しさを学んでいきます。

細かな状況変化に目を光らす。
一度、決めた事、意思決定した事にこだわらない事が大事です。

■意思決定には、情報が不可欠です。

しかし、目の前に起こっている事から
いのちを守り、生き抜くための情報を入り取るためには
実は、いま、被災する前に持っている情報がキーとなります。


また、持っていてほしい情報とは何か?
その情報の使い方は?


これらを防災ゲームの中で学びます。

そして、その学びは実際の場面では自身の大切な
いのちを守る武器として、実際に役立たせます。

【実施例】

・設問 BRSG シミュレーションゲーム ① ・・・ 例題に挑戦する。

     ※ディスカッション&ファシリテーターのフィードバック


・作問 BRSG シミュレーションゲーム ② ・・・ 各自で問題を作る。

     ※チームごとの代表問題の発表&ファシリテーターのフィードバック


 

関連情報 ・・・ 実施例


①「都市直下型地震発生時に備えた研修会」2019年4月22日(月) 
主催 ライオンズクラブ国際協会330-A 地区キャビネット
緊急災害対策委員会 「防災リスクサーベイゲーム」 講師 高貝正芳

PDFダウンロード① PDFダウンロード➁


ライオンズクラブ国際協会330-A地区キャビネット

②2017年2月8日(水)港区芝浦支所消費者センター講習室にて、芝浦・海岸地域の企業、区民、関係機関による「第5回芝浦・海岸地域防災連絡会」が開催されました。第2部防災学習セミナーには、公益社団法人危機管理協会より同専務理事 高貝正芳講師をお招きし、防災学習セミナーを同時開催いたしました。
首都圏直下型地震から大事ないのちを守るすべを学ぶ「いのちを守る@防災リスクサーベイゲーム」。発災時や避難時における状況下、どのように行動するかを決断することをチームで体験するシュミレーションゲーム。4人1グループで体験しました。 (東京都港区ホームページより)


PDFダウンロード

*・。*゜・。・o゜・。*゜*・。*゜・。・o゜・。*゜*・。*゜・。・o゜・。

============================================

<お問い合わせ先>

【団体名称】
一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN

【住所】
〒114-0012  
東京都北区田端新町1-20-11-1001 
〒325-0103
栃木県那須塩原市青木27-231 四季の街

 防災セミナー、防災イベントのご依頼、お問合せは、
お問合フォーム」、「
メール」、「
お電話」にてご気軽にご相談ください。