タグ: ぼうさいこくたい

東日本大震災11年 釜石の奇跡

昨年2021年11月6日、7日、釜石市で開催された「ぼうさいこくたin釜石」に参加してきました。
この「ぼうさいこくたい」とは、内閣府が主催し毎年実施されている防災啓発事業です。

釜石と言えば、「釜石の奇跡」のことを思い出します。

それは、15,800以上もの人々のいのちを奪い、約2,660人が行方不明となっている
2011年3月11日、東日本大震災で、
岩手県釜石市の3,000人近い小中学生のほぼ全員が高台に避難し奇跡的に無事だったことだ。
釜石市では1,000人以上が亡くなったが、学齢期の子どもの犠牲はたまたま津波が襲った時に学校にいなかった5人のみだった。

大地震発生直後、釜石東中学校の生徒達は、直ちに学校を飛び出し、高台をめがけて走りました。
近所の鵜住居小学校の児童や先生達は校舎の3階に避難しようとしていたが、

「3階より高い津波が来たら大丈夫なの?」との思いと、避難する子どもたちの姿を見て、
すぐにあとに続きました。

高台に着いたとき、背後で巨大な津波が学校を、そして町を飲み込んでいました。
                                (釜石の奇跡より)


先日、ある経済団体から「正常性バイアス」による避難遅れをテーマにして、防災プログラムを
実施してほしいとの要望を受けました。

釜石の子供たちは、迷いなく走り出しました。

いつ来るかわからない大地震、本当に来るかどうかわからない大津波、
しかし、過去実際に何度も繰り返し、これらの災害は多くの大切な命を奪っています。

沿海部、大きな河川の河口に近くであれば、
やはり津波の脅威はゼロではない、ということは忘れないでいてほしい。

むしろ、無駄になってもいいから、大きく揺れたら、彼らの様に
一目散に高台に走り出していくべきだと思います。



ぼうさいこくたい2021

ぼうさいこくたい

IMPJ 一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPANは、「ぼうさいこくたい2021」に
参加させていただく事になりました。

★上演スケジュール 
 ・2021年11月6日(土)16:30~18:00 釜石市民ホール・スタジオB(ワークショップ)
 ・2021年11月7日(日)12:30~14:00 釜石情報交流センター・多目的集会所(セッション)

主催:防災推進国民大会実行委員会 (内閣府、防災推進協議会、防災推進国民会議) 
協力:岩手県、釜石市


〜震災から10年~ つながりが創る復興と防災力

 東日本大震災津波から10年が経過しました。
震災で大きな被害を受けた岩手県は、防潮堤や道路の整備、街の復興はもとより、個々の防災意識の向上、復興の担い手の育成、そして、個人、団体など多様な主体がつながる場を設けるなど、ハード、ソフトの両面から、「Build Back Better(より良い復興)」を理念に、あらゆる主体が「つながり」ながら、復興に着実に取り組まれています。

 防災力を高めるためには、行政による「公助」、国民一人ひとりが自ら取り組む「自助」、地域、企業、学校、ボランティアなどが互いに助け合う「共助」を適切に組み合わせる、すなわち、これらが「つながる」ことが重要です。さらに、災害時に命を守るためには、官民の様々な主体が連携し、それぞれの力が「つながる」ことが必要です。

 また、岩手県をはじめとする東北の被災地では、経験者による語り部活動、震災伝承施設への訪問活動、震災を踏まえた防災教育の実践など、震災の記憶を風化させることなく語り継ぎ、防災意識を高める、そして、次の世代へ「つなげる」活動を積極的に行っており、これらの取組をより多くの方々に広げていくことが重要です。

こうした考えから、今大会は「つながりが創る復興と防災力」をテーマに、東日本大震災からの10年を振り返るとともに、これからの復興と防災のあり方を考え、震災の経験と教訓を多くの方々へ、そして、未来へ「つなげる機会」にしたいと考えました。

みなさん一人一人が、あらためて震災と向き合うことで、わが国全体の防災力の向上につながる場となるよう、防災推進国民大会2021(ぼうさいこくたい2021)を開催いたします。

(ぼうさいこくたい2021ホームページより)

ぼうさこくたい2021 チラシ

レッドサラマンダー@ぼうさいこくたい in名古屋2019

内閣府が、毎年実施している「ぼうさいこくたい」と言う
防災イベントをご存じでしょうか?


今年は、コロナ禍の中開催が危ぶ生まれましたが、
リモートスタイルで、かなり規模を縮小して実施されました。

私たちは、参加を断念しましたが、
昨年、名古屋で参加した際の活動記録資料を引き出しながら、
2021年の「ぼうさいこくたい」には、コロナ禍が継続していたとしても
参加、出演していきたいと考えています。
参加方法、上演内容を工夫をして「いのちを守る、そして、生き抜く術」
学べる機会を盛り上げてまいりたいと思います。

追伸、昨年の資料の中から、
レッドサラマンダーの動画を偶然撮影しました。

撮影 IMPJ 柏原由興

レッドサラマンダーとは、
正式名称は「全地形対応車」 英語名称「Red Salamander」

大規模災害発生時に、通常タイヤの車両では走行が難しい場所に投入され、活動困難な救助活動を遂行するために
総務省消防庁が配備した特殊消防車両です。

In recent years, there have been many requests for rescue operations in natural disasters such as earthquakes and heavy rains, and the roles required for fire and rescue vehicles have diversified according to the type of activity. “Red Salamander” is a special vehicle that can drive in rough lands, mud, slopes, ditches, and other rough lands and places where rubble and earth and sand have been deposited, and is expected to be active in personnel, goods transportation, and rescue operations at various disaster sites.


連絡先
一般社団法人いのちを守るatプロジェクトJAPAN
Tel : 0120-508-114 Mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
http://cma-atmama.org

#レッドサラマンダー
#Red Salamander
#ぼうさいこくたい
#飛沫防止シート
#いのちを守る@3つのパッケージ
#非常用持ち出し袋
#いのちを守る防災アイテム
#子育てママの@体験型防災セミナー
#いのちを守る行動
#公益社団法人危機管理協会 専務理事 高貝正芳


ぼうさいこくたい2019@NAGOYA

本年度、いのちを守るatプロジェクトJAPANは、「ぼうさいこくたい@NAGOYA」に出演いたします。 

ぼうさいこくたい2019@NAGOYA


ステージプログラムとして、「いのちを守る@防災劇場」を上演いたします。

防災劇場

「ぼうさいこくたい」とは、

大規模災害に備える
– まなぶ・つながる・つよくなる - 防災を、もっと日常に

近年、災害が激甚化する中、行政による「公助」はもとより、国民一人一人が自ら取り組む「自助」、そして、地域、企業、学校、ボランティアなど互いに助け合う「共助」を組み合わせ、地域全体で防災意識を高め、あらゆる自然災害に備える「防災意識社会」を構築していくことが大切です。

このため、防災に関連する全国規模の団体ネットワークを活用し、幅広い層に防災意識の向上を呼びかけることを目的として、安倍総理大臣のリーダーシップにより、「防災推進国民会議」が2015年9月に設立されました。これは、自助・共助の重要性が国際的な共通認識とされた2015年3月の「第3回国連防災世界会議」で採択された「仙台防災枠組2015-2030」をもとに、市民社会、企業、ボランティア、コミュニティ団体、学術界等、各ステークホルダーに災害リスク削減に関する取り組みを奨励することが規定されたことにも応えるものです。

内閣府、防災推進協議会、防災推進国民会議が主催する「ぼうさいこくたい(防災推進国民大会)」は、国内最大級の総合防災イベントです。

2016年より毎年実施し、第4回目となる今年は名古屋市で開催します。
名古屋市は、南海トラフ地震の発生が予測される地域であること、大規模災害発生時においても中部圏の社会・経済活動が維持されるための産官学を超えた共助の枠組を持っていること、2019年は災害対策基本法策定のきっかけとなった伊勢湾台風から60年であることより、「防災推進国民大会2019」の開催地となりました。               

ぼうさいこくたいホームページより